ママ活掲示板で募集する方法!おすすめできる掲示板7選と出会うための使い方、注意点

ママ活掲示板

男性側が、女性から食事を奢ってもらったり、お小遣いをもらう「ママ活」は大きなトレンドとなっています。

出会いさえあれば年齢や見た目に関係なく誰にでもママを作れる可能性はありますが、問題なのはその出会いの方法です。

大まかに、ここで分かることは、

ここではママ活掲示板を使って女性との出会いを紹介しながら、そのメリットや他のサービスとは異なる特徴について解説していきます。

おすすめママ活掲示板の簡単な紹介
目次

安全に出会えるママ活掲示板サービスの選び方、見分け方

安全に出会えるママ活掲示板サービスの選び方、見分け方

どういったママ活掲示板が安心安全に利用出来て、出会いがあるのか。

その特徴を解説していきます。

運営会社の情報が信頼できる

男女の出会いに利用することができるネットサービスにはいろいろありますが、その中には運営会社の実態がよくわからない、怪しいサービスも少なくありません。

特に、誰もが無料でアクセスし、書き込むことができるフリーの匿名掲示板は背景がまったくわからず、そこに書き込まれた情報が悪用されるリスクも非常に高いものとなっています。

そのためママ活掲示板での出会いを求めているなら、まずは運営会社の素性がはっきりとわかっているものを選ぶことが大切になります。

電話やメールによるユーザーサポートを行っている

ユーザーサポートの内容もしっかり確認しましょう。

サポート体制の有無は会社の信頼性を測る上で重要な指標になります。

掲示板を運営している会社が、それなりの規模を持っているならば、最低でも電話によるカスタマーサポートは行います。

逆に詐欺的行為で稼ごうと考えている悪質な事業者の場合は、サポートを用意していません。

あっても公式サイトのフォームだけです。

サポートの充実度でサービスの質を見極めましょう。

「インターネット異性紹介事業」の届出がある

ネット上で男女の出会いを斡旋するマッチング系のサービスは「インターネット異性紹介事業」というカテゴリーで管理されています。

このインターネット異性紹介事業の届出をしていない業者はきわめて怪しい存在なので、ネットやアプリで出会い系サービスを利用する際には真っ先にインターネット異性紹介事業届出に関する表記を確認しておきましょう。

この事業届出が正しくされている業者なら、万が一、トラブルが発生した場合にも行政窓口に問い合わせることで問題を簡単に解決できる可能性が高くなります。

インターネット異性紹介事業とは 警視庁

本人確認がしっかり行われている

ネットサービスへの登録作業は面倒なものですが、特にマッチングに関係するサービスにおいて本人確認は非常に重要になります。

フリーで利用できるサービス内では「なりすまし」や「冷やかし」が横行しているため、まともな出会いが期待できないばかりか犯罪に巻き込まれるリスクも増大します。

それに対して本人確認を厳密に行っているサービスでは、出会う相手の信用度が上がるだけではなく、登録のために手間をかけた「本気の」相手だけと出会うことが可能です。

ママ活募集掲示板のおすすめ紹介。知名度があって安全に出会える掲示板

ママ活募集掲示板のおすすめ紹介。知名度があって安全に出会える掲示板

きちんと事業届出がされてあり、問い合わせ先や会社所在地が明確な、安心安全な掲示板アプリを紹介します。

所在自治体にちゃんと認められた運営会社なので、問題なく利用が可能です。

Jメール

Jメール

公式URL
https://mintj.com/【18禁】

初回無料pt最大1,000円分
主な消費pt・プロフィールの閲覧 0pt(一部消費pt有)
・メッセージ送信 7pt
・受信メッセージを読む 0pt
・掲示板画像を見る 3pt
会員数600万人以上
運営歴20年以上
運営元有限会社エムアイシー総合企画
インターネット
異性紹介事業届出

Jメールは全国の女性を相手にママ活ができます。

20年間運営を続けているので、出会いに繋がるサービスが豊富にある点も見逃せません。

地域や年収だけでなく興味のあることでもママ候補を検索できます。

Jメールの口コミ評判、詳細

イククル

イククル

男性がイククル会員登録するとパピーの有料メニューが2ヶ月無料(1ヶ月は6,800円)

公式URL
https://www.194964.com/【18禁】

初回無料pt最大80pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
会員数1500万人以上
運営歴20年以上
運営元プロスゲイト株式会社
インターネット
異性紹介事業届出

イククルはママの日記を読めるところがおすすめです。

普段のママの様子を日記で確認できるので、自分の求めるママかどうか判断する際の参考になるでしょう。

日記の書き込み数は1日2万件を超えます。

これだけ日記を書いている女性が多ければ、理想のママに出会える可能性は高いです。

イククルの口コミ評判、詳細

愛

公式URL:
https://aikatuz.jp/【18禁】

初回無料pt無し
主な消費pt・プロフィールを読む 0pt
・メッセージ送信 30pt
・受信メッセージを読む 25pt
・写真を見る 0pt
会員数表記なし
運営歴表記なし
運営元株式会社ANDELL CREATION
インターネット
異性紹介事業届出

愛は専門スタッフが24時間ずっと掲示板を監視してくれる安全性の高さが魅力です。

詐欺師や悪質ユーザーの書き込みは即座に削除されるので、被害に遭いにくいでしょう。

キチンとインターネット異性紹介事業届けを出しているところも好感が持てます。

愛の口コミ評判、詳細

ワクワクメール

ワクワクメール ママ活

公式URL
https://550909.com/【18禁】

初回無料pt最大120pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
会員数1000万人以上
運営歴19年以上
運営元株式会社 ワクワクコミュニケーションズ
インターネット
異性紹介事業届出

ワクワクメールはアダルト目的でも利用できるところがユニークです。

セクシーな動画でアピールする美魔女ママに出会うこともできるでしょう。

ママとのワンナイトを楽しみたい方と相性がいいでしょう。

ワクワクメールの口コミ評判、詳細

デザイヤ

デザイア

公式URL
https://desire777.com/【18禁】

初回無料pt
主な消費pt5,500円~/月
会員数表記なし
運営歴表記なし
運営元株式会社 侍
インターネット
異性紹介事業届出

ママ活に特化したマッチングサービス「デザイヤ」

本人確認や24時間監視体制、インターネット異性紹介事業届出済ということで安心安全に利用できる、真のママ活掲示板アプリです。

利用料金はやや高めですが、ママ活を通して、それをまかなえるだけのお手当は貰えるでしょう。

デザイヤの口コミ評判、詳細

First mail(ファーストメール)

ファーストメール

公式URL
https://1st-mail.jp/【18禁】

初回無料pt
主な消費pt・メール送信 25pt
・メール受信 15pt
会員数表記なし
運営歴表記なし
運営元株式会社 SATE
インターネット
異性紹介事業届出
表記なし

40代女性の利用が多いファーストメール。

不倫相手やセフレ探しなど、あまり表立って相手探しができない人向けのマッチングサービスです。

もちろん、ママ活したい女性にも人気です。

First mail(ファーストメール)の口コミ評判、詳細

YYC

YYC

公式URL
https://www.yyc.co.jp/【18禁】

初回無料pt表記なし
主な消費pt・プロフィールを見る 10pt
・メッセージを送る 50pt
・メッセージを読む 0pt
・プロフィールを見る 10pt
会員数1000万人以上
運営歴20年以上
運営元株式会社Diverse
インターネット
異性紹介事業届出

YYCは毎日4000人が登録する人気のママ活アプリです。

女性会員は30代と40代が半数を占めており、ママを探しやすい年齢構成になっています。

YYCの口コミ評判、詳細

スクロールできます
公式サイト初回無料pt主な消費pt会員数運営歴
Jメール最大1,000円分pt・プロフィールの閲覧 0pt(一部消費pt有)
・メッセージ送信 7pt
・受信メッセージを読む 0pt
・掲示板画像を見る 3pt
600万人以上20年以上
イククル最大80pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
1500万人以上20年以上
愛
・プロフィールを読む 0pt
・メッセージ送信 30pt
・受信メッセージを読む 25pt
・写真を見る 0pt
表記なし表記なし
ワクワクメール最大120pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
1000万人以上19年以上
デザイア
(月額料金:5,500円~)表記なし表記なし
ファーストメール・メール送信 25pt
・メール受信 15pt
表記なし表記なし

ママ活募集掲示板を使ってママとデートするまでの流れ

ママ活募集掲示板を使ってママとデートするまでの流れ
STEP
ママ活掲示板で目的に合った女性を探す

まずはママ活掲示板サービスを使って相手探しを行いましょう。

男性が女性を探す場合には相手プロフィールを見ながら、できる限り多くの女性にメッセージを送っていきます。

ただし女性側は自分が稼ぐ「パパ活」を目的に募集を出していることもあるので、男性側が奢ってもらう「ママ活」を希望しているなら相手の要求はよく確認しておきましょう。

男性側から募集をかける場合には、それとなく「ママ活」目的であることが伝わるように工夫をすることも必要です。

STEP
メッセージの交換をする

相手からメッセージを返してもらえたら、慎重にメッセージ交換を進めましょう。

焦って適当な内容を送ったり、逆に考え過ぎて長文を送ってしまうと相手を混乱させることになります。

基本的に最初の1~2回のメッセージ交換は、多少、事務的なくらい相手にわかりやすく情報を伝えることを意識しておくのがコツになります。

3回目以降は文面を柔らかくしていって、良い反応をもらえたら顔合わせデートの申し込みを行いましょう。

通常のマッチングサービスでは2週間程度はメッセージ交換を継続するのが鉄則ですが、お互いママ活などを前提にしているなら顔合わせは早めに切り出してしまって構いません。

STEP
顔合わせデートで交渉をする

顔合わせの場所は相手女性の警戒心を解くために、人通りの多い場所や店を指定しましょう。

ただし、その場所で生々しい話をするのが難しいなら、軽い食事のあとに街歩きをしながら本格的なママ活の交渉を始めるのもおすすめです。

交渉では相手女性の意思確認とデートの頻度、そしてお手当についてを重点的に話し合うようにしましょう。

男女間での認識がズレていると深刻な問題になっていくので、確認は念入りに行ってください。

STEP
ママ活デートを繰り返す関係になる

交渉段階で話がまとまったとしても、実際にデートを繰り返してもらえるかはお互いの満足度によって変わります。

相手に気に入られるための努力は惜しまないことが大切ですが、もし自分の方があまり相手とのママ活を継続したいと思えないときは、メッセージでやんわりと伝えてから関係を切るようにしましょう。

また無事にデートを繰り返せる関係まで進展したあとも、お互いを飽きさせないように工夫をしながら毎回のデートを楽しんでいくことが大切です。

ママ活掲示板でママ募集をする際のコツ

ママ活掲示板でママ募集をする際のコツ

印象的なタイトルの作り方

男性側が女性を募集するときにまず意識するべきなのは、タイトルに相手の興味を惹くポイントを作るということです。

たとえば自分の若さをアピールしたいなら年齢を具体的に表記しておくのがいいでしょう。

「大学院生」や「ミュージシャンの卵」など年上の女性にウケそうな情報があるなら、目に留まりやすいようにタイトルに仕込んでおくと効果的です。

またタイトル文ではあまり装飾をつけず、真面目な印象を与えた方が年上相手には有効となります。

印象に残る文章の書き方

ママ活掲示板に書き込むメッセージ内容は、年上ママ狙いの場合には少し堅いくらいのイメージで作っていくようにしましょう。

友達に普段送るようなメッセージだと、大抵の女性には引かれてしまいます。

また過度にモテを意識した文章は独特の「構文」になっていってしまうので、ちょっと無味乾燥に感じるくらい要件を伝えることに徹底した内容の方が意外と上手くいきます。

理想は真面目さを感じさせながら、その中に僅かに人間味を匂わせる要素を入れておくことです。

工夫するのはワンフレーズ程度で十分なので、さり気なく入れ込んでおきましょう。

ママ活掲示板でママを募集するときの注意点

ママ活掲示板でママを募集するときの注意点

露骨な書き方をしない

ママを募集する場合、気をつけておきたいのは、ママ活掲示板の規約や全体の雰囲気になります。

男女の出会いのために利用されている掲示板であっても、露骨なママ活系の書き込みは掲示板側による規制対象となっている場合があります。

また恋活・婚活目的の利用者が混在しているケースもあるので、書き込みをする前には必ず他の書き込み内容をよく読んで、その掲示板の「空気」を把握しておくようにしましょう。

他の書き込みを参考にすればその掲示板で使われている「隠語」も理解できるようになるので、適切な募集をかけることが可能にもなります。

ママ活詐欺には常に警戒する

ママ活掲示板やSNSを使った出会いには残念ながら詐欺や犯罪がついて回ります。

たとえ運営サイドが24時間体制で監視をしている掲示板でも、監視をすり抜けて活動している詐欺師がいる可能性は、常に考慮しておくようにしましょう。

特に、女性側から熱烈な反応メッセージが返ってきた場合には、喜ぶ前に、まず詐欺を疑う態度でいることを忘れないようにしてください。

メッセージ交換がある程度進んだ段階でも、少しでも相手の言動に怪しい要素を感じたら、惜しまずにやり取りを打ち切ってしまった方がいいでしょう。

ママ活詐欺の危険極まりない手口。被害の実例や対策法、安全にママ活できるアプリ紹介

ママ本人からゆすられるケースもある

場合によっては、援助をしてもらっているママから脅しやゆすりを受けることもあります。

相手が将来有望な学生だったり、ママ活していることがバレると会社にいられなくなるメディア関係の男性だったりすると、「私とママ活していることをバラされたくなければお金を払ってね」と迫られます。

こういったトラブルに遭わないためにも、安易に自分の個人情報をママに伝えないようにしましょう。

学生は在学している学校名を伝えることで、お手当がアップすることもありますが、リスクをよく考えてからにしてください。

相手女性が既婚者ならトラブルに合う場合がある

年上のママを募集すると、既婚者主婦と関わる機会が多くなります。

暇を持て余している主婦はママ候補としては非常に魅力的ですが、もし相手の家庭に「不倫」と認識されてしまうと大変なトラブルに発展するリスクもあります。

デート現場に殴り込まれるくらいならまだマシで、相手側が離婚にまで至ってしまうと超高額の慰謝料請求が降り掛かってくることさえあります。

そのため既婚者ママと交際する際には個人情報の取り扱いをさらに厳密にしておくのが身のためです。

ママが本気になってしまうことがある

ママ活で意外と怖いのが、相手女性を本気にさせてしまうケースです。

未婚女性の場合、最初は割り切った関係で納得しているように振る舞っていても、心の底では恋愛や結婚への願望を秘めていることが珍しくありません。

もしも相手が「ママ」としての一線を超えて恋人のような態度を取ってきたり、関係の進展を求めてくるようなら上手く関係を終わらせた方がいいでしょう。

ただ、やり方を間違えると相手がストーカー化することもあるので注意が必要です。

本人アカウントのLINEやメールを使わない

何度もデートを繰り返す関係なると掲示板のメッセージ交換ではなく、個人のLINEやメールを使って相手と連絡を取るようになります。

しかしその際に本人アカウントを教えてしまうと、関係を「切る」段階になったときに困ってしまいます。

そのため本アカは絶対に教えずにママ活専用のアカウントを別に用意しておくのは必須です。

できることならアカウントを分けるだけでなくスマホ自体を別に用意して、デートの際に本物の個人情報が入ったスマホを持ち歩かないところまで徹底しておきましょう。

未成年を相手にするのは絶対禁止

ママ活でもたまに若い女性と出会えることがあります。

しかし相手が未成年である疑いがあるときは顔合わせをすることも避けた方が無難です。

女性側が未成年だとパパ活・ママ活といった目的とは関係なく、まず確実に男性側が非常に重いペナルティを受けることになってしまいます。

そもそも恋愛経験も収入も少ない未成年を相手にママ活が成立する可能性は低いので、興味本位で遊んでしまうことのないようにくれぐれも注意しましょう。

都道府県の青少年育成条例|こども家庭庁

ママ活詐欺の可能性がある募集書き込みの見分け方

ママ活詐欺の可能性がある書き込みの見分け方

自己紹介が不自然に細かい

詐欺業者関係のメッセージを見抜くコツの一つが相手の自己紹介内容です。

基本的に女性はマッチングサービス上でも自分の細かいプロフィールを明かしたがらないものなので、少し調べただけで特定できそうな、際どい情報まで自己紹介に含めている書き込みは無視した方がいいでしょう。

住所なら都道府県かエリアまでに留めるのが一般的で、市区町村まで書いているのはかなり怪しいと考えておくべきです。

職業や年齢なども女性側の書き込みの場合は男性とは逆に、具体性を欠いた内容の方が真実味が増していきます。

女性からの極端にエッチな書き込み

女性がいきなりエッチな言葉で誘いをかけている場合、ほぼ確実に悪質な詐欺メッセージと判定していいでしょう。

最近はこの手のエロメッセージはSNS上にも溢れているので、むしろ見極めるのは簡単なのが救いです。

ただし出会いになかなか辿り着けず焦ってくると、ワンチャン狙いで関わってしまうことがあるので、このタイプの書き込みは見るのも避けた方が賢明でしょう。

本当にエッチなタイプの女性をママ候補として探している場合には、面倒でもメッセージ交換がある程度進んでから本性を明かしてくるのを待つのが得策です。

自分の連絡先を堂々と公開している

誰もが閲覧できるスペースにLINEアカウントIDやメールアドレスを載せているのも、ほぼ確実に詐欺師に繋がる入口です。

試しに連絡してみるだけならノーリスクと考えてしまう人もいますが、一旦、詐欺師のアカウントに連絡を取ってしまうと、以降、あの手この手で誘いを受け続けることになるので絶対に止めておきましょう。

もちろんネットリテラシーのない女性が何もわからずに連絡先を載せてしまった可能性もゼロではありませんが、その場合も常識のない相手はママ候補にはなりにくいとの判断が必要です。

相場以上のお手当を提示している

ママ活では、パパ活とは異なり、お金を支払う女性側が高額なお手当をチラつかせて男性を誘う行為はほとんど行われません。

そんなことをしなくても基本的にママの方が不足気味なので、女性側は相手選びに困ることはないからです。

そう考えると相場よりも高いお手当を提示して誘ってくる相手も、信用に値しないと言い切ってしまっていいでしょう。

高額のお手当が欲しいなら、直接的な金額ではなく相手の職業などを手掛かりに金払いのよさそうな相手を地道に探していくのが確実です。

ママ活募集掲示板でママ候補になりやすい女性の特徴

ママ活募集掲示板でママ候補になりやすい女性の特徴

弟キャラを可愛がりたいお姉さん系

女性の中には年下の男子を好むタイプが少なくありません。

こうしたお姉さんタイプは掲示板で出会えるママ候補の中でも若くて美人の傾向が強いので、ママ活だからといって相手選びであまり妥協をしたくない男性にはうってつけと言えるでしょう。

ただこのタイプのお姉さんも相手男子に求めるスペックは高めなので、お互いの好みが噛み合っていないとマッチングが成立しにくいのが難点となっています。

年齢や「弟っぽさ」をアピールできる男性は積極的に狙っていき、出会いの数をこなしていきましょう。

独身貴族の女性経営者

現在は女性でも会社や事務所を立ち上げて活躍している経営者が増えています。

しかし、こうした女性経営者は仕事が忙しくプライベートで男性と本格交際をする時間がないため、意外と独身貴族のままでいることも多いのが特徴です。

こうした女性はお金で手軽に気晴らしに付き合ってくれる若い男の子を可愛がってくれるので、ママにするには理想的なタイプの一つと言えます。

とはいえこの手のタイプは男性を選び放題なので、選んでもらうためにはかなり強力なアピールが必要になってくるでしょう。

経営者とママ活する方法、やり方。女性社長と出会う方法、メリット、デメリット。

金持ち夫との関係が冷え切っているセレブ人妻

ハイクラスの夫と結婚して悠々自適に暮らしているように見えても、実際にはすでに夫婦関係が破綻しているという状況に置かれた人妻は最高のママ候補となります。

このタイプは自由に使えるお金と時間が非常に多いのに対して、夫から捨てられることは極度に恐れるので本気になられる心配がないというのが大きなメリットです。

きちんと個人情報の管理をして相手の夫に関係がバレないことにだけ集中しておけば、あとはたまの呼び出しに応じるだけで存分にママ活を楽しむことができます。

お金持ちセレブ女性とママ活したい!稼げる女性との出会い方や探し方のコツとは?

暇潰しがしたい専業主婦

単純に暇を持て余している専業主婦も十分に魅力的なママ候補となり得ます。

もらえるお小遣いや食事内容は質素になる可能性もありますが、専業主婦のママは暇潰しに付き合っているだけでも喜んでくれるので関係維持が容易なのが特徴です。

また専業主婦は相手の男性にそれほど高望みをしないので、誰にでもママ活できるチャンスが生まれることになります。

それこそ40代以降の男性でもさらに年上の主婦を狙っていくことでママ活を成功させられる可能性はあるので、諦めずに挑戦してみましょう。

募集掲示板サービスはママ活との相性抜群

募集掲示板サービスはママ活との相性抜群

ここまで、ママ活掲示板で募集する方法!おすすめできる掲示板7選と出会うための使い方、注意点を紹介してきました。

掲示板を通じた出会いは古いやり方と思われていますが、最近のママ活では他のマッチング系サービスにはない利点を再評価されてきています。

特に「デザイア」などのママ活に特化したタイプの掲示板サービスは出会いの質や効率の面で、他のサービスを突き放す魅力を持ちつつあります。

これから素敵な年上女性との出会いに挑戦してみたい男性は、ぜひ利用してみてください。

※都道府県別でママ活掲示板アプリ

地方都道府県
北海道地方北海道
東北地方青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県
関東地方茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県
中部地方新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県
近畿地方三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県
中国地方鳥取県島根県岡山県広島県山口県
四国地方徳島県香川県愛媛県高知県
九州・沖縄地方福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

この記事を書いた人

目次