女性慣れしたい社会人男性必見!女性慣れしていないとヤバい理由と非モテを克服する考え方

女性慣れしたい社会人男性必見!女性慣れしていないとヤバい理由と非モテを克服する考え方

20代の頃はあまり気にならなくなった女性関係の遅れも、周囲が次々に結婚を決める年代になってくると、急に焦りが出てくるものです。

しかし、これまでの人生で女性慣れしていない男性が、いきなり女性相手にコミュニケーションを取るのは相当難しいのも事実です。

まずは女性慣れしていない男性は何がヤバいのかを知って、そこから自分なりの対応策を学んでいくようにしましょう。

女の子と出会えるおすすめアプリ3選

Jメール

jメール

初回最大1000円相当ptプレゼント

出会いを求める女性利用者が多いサイト!18年の運営歴が出会いの実績がある証拠。

イククル

イククル

初回最大80ptプレゼント

1,500万人の利用者がいる老舗のマッチングアプリ。それだけ信頼性が高く、出会いがあるという証。

愛

無料会員登録だけで相手女性のプロフィールや写真を確認できるのが魅力的。

目次

女性慣れしていない社会人男性に起こるヤバいこととは?

結婚の可能性が遠のく

女性慣れしていない男性は結婚からどんどん遠ざかっていきます。

若いうちは独身でも問題を感じることは少ないかも知れませんが、未婚であることのダメージは30代も後半になった辺りから致命的なまでの重みを持って、人生にのしかかってくることになるでしょう。

結婚できない男性は、単に孤独というだけでなく、社会的な信用を得られないケースも多くなってきます。

たとえば単純に街中を歩くだけでも、年を取るほどに未婚男性の肩身は狭くなっていくのが実感できるはずです。

日々に変化がなく退屈

日々を一緒に過ごすパートナーを得ることは、単に経済的な負担を分け合うだけでなく精神的な安定をもたらしてくれます。

たとえパートナーに刺激を求めないタイプの男性であっても、安らげる相手と一緒に過ごすことは一人で居る時間とはまったく違った輝きを持つことになります。

女性を避けて生活していると、どうしても毎日の暮らしは単調になり、退屈でつまらない日常を繰り返すだけのものとなってしまうことでしょう。

特定の相手としかコミュニケーションが取れなくなる

異性と会話をしない男性は必然的に家族や男友達、あるいは会社の上司や客といった特定の相手としかコミュニケーションを取らないことになります。

限定された社会で立ち回るだけならそれで問題ないこともありますが、そうした生活を続けていると自分とはまったく違った環境で暮らしている相手とは会話が成立しなくなってしまうことも珍しくありません。

結局、異性と会話ができないとそれ以外の相手との会話もどんどん下手になっていきます。

逆にいえば女性との会話は男性にとってコミュニケーション能力を鍛える格好の舞台ともなります。

女性慣れしていない社会人男性によくあるパターン

趣味や仕事が最優先で恋愛が後回しになっている

別に性欲やモテたい願望がないわけではないが、それよりももっと優先したいことが人生に溢れていて女性との関係が後回しになってしまう男性は少なくありません。

特に趣味や仕事に没頭して生きることに喜びを感じるタイプの男性は、30代、40代、50代以上になっても女性との付き合いをまったく頭に入れないで過ごしていることもあるでしょう。

また趣味や仕事を生きがいにする男性は、付き合う女性にも理解を求めてしまうため、必然的に相手探しが面倒になってしまうという問題も抱えています。

真面目に暮らし過ぎて女性関係の知識がない

真面目一辺倒で生きてきた男性も、いざ女性を前にすると何も言えなくなってしまうことがあります。

特にマニュアル教育優先で受験や就職戦争を前提に生きてきてしまうと、女性との付き合い方といった体験で覚えていくタイプの知識がゴッソリ欠落してしまうというのは意外とよく聞かれる現象です。

真面目な性格の人ほど20代までに身につけておきたい女性関係の知識を覚え損ねた場合、そのまま取り返しのきっかけを掴めずに40代を突き進んでしまうことになります。

女性に対する表情が自然に出てこない

女性の前に立った際に自然な表情を作れないタイプの男性は、特に女性との関係には苦労することになります。

無理に笑おうとして引きつった表情になってしまったり、逆に感情を読まれまいとして強面を作ってしまい相手を怯えさせるといったケースは女性に不慣れな男性にはよくあります。

また学生時代などに女性関係で失敗をしていると、社会人になってからも苦手意識から女性の前で表情が固まってしまうこともあるでしょう。

女性への理解が薄いと単純にどんな表情をするべきなのか、手がかりがなくて戸惑ってしまうことも考えられます。

女性を前にすると何を喋ったらいいのかわからなくなる

どんな会話をすれば女性に喜んでもらえるのかわからない、というのは男性全般に共通の悩みともいえます。

たとえ既婚の男性であっても中年以上になってくると女性に対する会話内容がどんどんズレていき、意図せずセクハラ発言をしてしまうことも残念ながら珍しくありません。

逆に女性に不慣れな男性だとそうした「おじさん発言」を過剰に警戒してしまい、何も話せなくなってしまうこともあるはずです。

女性との会話を円滑に進めるには経験が絶対に必要なので、経験ゼロの状態から上がっていくには何かしら特殊な対策を練ることを考えなければいけません。

見た目に気を遣う余裕がない

何だかんだといっても女性はまず男性を見た目で判断します。

これは良い悪いの問題ではなく、女性は男性の立場や強さを、まず外見情報を読み取って判断するように刷り込まれて生きているということです。

そのため「女性に魅力が伝わりやすい見た目」を整えることに無頓着な男性は、女性からは不審人物として警戒されるしかなくなります。

どうしても身なりを整えることに興味が持てない男性もいることでしょうが、女性関係においてはそれが大きなハンデになることは知っておくべきでしょう。

自己否定的で自信がない

結局のところ、異性に限らず他人相手に堂々とコミュニケーションを取るには、まず自分に自信を持っていることが大前提となってきます。

自分に自信が持てず卑屈な態度になってしまう男性は、女性に限らずありとあらゆるコミュニケーションに支障をきたすことになるでしょう。

しかし、男性が自信を取り戻すために最も有効なのが女性との付き合いであることも確かです。

他のことが何一つ上手くいかなかったとしても、女性との会話が楽しく進めば、全ての要素は後から追いついてくることでしょう。

社会人男性が女性慣れするために今すぐできる方法

恋愛対象外のおばさんやおばあちゃんと会話する

いきなり魅力的な女性相手に話そうとしても、女性に不慣れな状態では上手くいくはずもありません。

そのため極端に女性慣れしていない男性はまず恋愛対象には絶対にならないタイプの女性と会話することで、徐々に場数を踏んでいくことを試してみましょう。

たとえば年齢の離れたおばさんや、おばあちゃんと話してみるのも有効な手段です。

親戚でもご近所さんでもいいので、「女性」であることをなるべく意識しなくても済む相手に自分から声をかけていくと、少しずつ話すこと自体が苦ではなくなっていきます。

女性の店員と定型会話をする

コンビニやスーパーなどの店員が女性だった場合、自分から何か一言発して会話をしてみるのも女性に慣れていくためにはおすすめです。

変に力を入れてしまうと表情に出てしまい不審な客に思われてしまうので「レジ袋いりません」や「ポイントカード持ってません」といった単純な言葉を、意識的にはっきり声に出してみるのがいいでしょう。

声が小さいと聞き返されてしまい恥ずかしい思いをすることもありますが、それが女性慣れのためにはいい訓練にもなります。

女性の目を見て話すように努力する

店員でも誰でもいいので、女性と話す際は同時に目を見て話すことも心がけるようにしましょう。

女性の目を見て話すのは不慣れな状態だとかなり難易度は高いので、最初は相手の鼻先や額に視線を向けておくのもいいでしょう。

まずは相手の顔と自分の顔をしっかり合わせることを目標にして、そこから目と目が合うように持っていくことを考えていきましょう。

目が合った状態で会話が成立するなら、少なくとも相手に自分をアピールすることはできるようになったといえます。

身なりに気を遣う

会話慣れを進めながら、段階的に自分の身だしなみについて確認していくようにしましょう。

服や髪型をいきなり変えるのは難しいので、まずは服のシワや上下の色の合わせ方といった細かい部分をチェックしていくようにしましょう。

香水や消臭剤を使って、匂いに気を遣うことも社会人男性には大切です。

少しずつでも身なりに気を遣うようになると、自分好みの服装や相手に好印象を持たれやすい格好についても興味が湧いてくるはずです。

キャバクラのような夜のお店で勉強する

キャバクラのように、お金を払って女性と会話できる場所に行くのも、手っ取り早い女性慣れのためには良い手段といえるでしょう。

特にキャバクラは、普段は女性とまったく会話しないタイプの男性もよく利用しているので、キャバクラ嬢はそうした男性の相手もお手のものとなっています。

どんな男性客が相手でもキャバクラ嬢がしっかり会話を盛り上げてくれるので、お店の代金は勉強費と割り切って通い詰めてみるのもおすすめです。

マッチングアプリで女性と出会う

マッチングアプリは会話ではなく、メッセージを通じて女性とコミュニケーションを取ることができるツールです。

マッチングアプリなら直接相手の目を見る必要がなく、またリアルタイムで喋る必要もありません。

メッセージの内容はじっくり考えて送ることができるので、女性を前にするとパニックになってしまうという男性でも女性と仲良くなれる可能性は十分にあります。

さらにマッチングアプリなら、最初から自分と相性の良さそうな相手を絞り込んでから声をかけることも簡単にできます。

女性慣れのためにマッチングアプリを使うのがおすすめな理由

キャバクラなどよりもリーズナブル

キャバクラのような夜のお店を利用すると一回ごとに一万円以上は飛んでいってしまいますが、マッチングアプリなら、それよりも遥かに少ない金額で済みます。

具体的な料金は利用するマッチングアプリの種類によって異なりますが、週に数回キャバクラに通うよりも毎日マッチングアプリを利用する方が安上がりなのは間違いないでしょう。

またキャバクラで毎回お酒を飲むと健康に多大な悪影響を及ぼしますが、マッチングアプリならそうした副次的な心配もありません。

男性との会話に前向きな女性とだけ出会える

マッチングアプリは男女の出会いのためのツールなので、当然ながら、利用する女性の大半は新しい出会いに積極的です。

日常生活や夜のお店で出会う女性達が必ずしも新しい男性との会話を歓迎していないのに対して、マッチングアプリの女性達は最初のコミュニケーションにはまず確実に乗ってきてくれます。

最初の一歩を踏み出すことに苦労する男性にとっては、マッチングアプリのこの良い意味での気軽さは救いとなることでしょう。

事前にメッセージでのやり取りをしているので会話に困らない

マッチングアプリを通じて知り合っても、「会うとなったらやっぱり緊張してしまう」と考える男性もいることでしょう。

しかしマッチングアプリではデート前のメッセージ交換の段階で、相手の性格や好みをある程度は把握しておくことができます。

対面デートの際にはそうして事前に収集した情報を参考に対策を用意すればいいので、アドリブが苦手な男性でも十分に対応することが可能となります。

もちろん自分の好みや性格を相手に伝えておけば、相手女性の方も対策をしてこちらが話しやすい流れを作ってくれることでしょう。

関係をすぐに断ち切ることができる

マッチングアプリの最大の利点は、出会いの簡単さ以上に別れの簡単さにあります。

本名やプライベートな連絡先を明かしていなければ、気の合わなかった相手との関係はそのままフェードアウトさせることができてしまいます。

女性と会話できない男性の多くは、その女性と継続的に顔を合わせる可能性を考慮して臆病になってしまっているはずです。

しかしマッチングアプリで出会った女性相手なら、後腐れなく関係を断つことができます。

そのため大胆なコミュニケーションを取りやすく、経験も積みやすい環境となっています。

女性慣れしていない社会人男性についてのまとめ

社会人になっても女性に不慣れな男性は、その後の人生でも様々な不利益を被る可能性が高くなります。

単純に非モテや未婚で済む話ではなく、出世や健康にまで関わってくる問題となるため対策できるなら可能なうちに行っておくことをおすすめします。

特に現在はマッチングアプリを使うことでどんな男性でも比較的容易に女性慣れしていくことができるでしょう。

この記事を書いた人

目次