ママ活アプリ・サイトおすすめ格付け13選【2024年2月ランキング】

ママ活アプリ・サイトおすすめ格付け13選【2024年1月ランキング】

ママ活の噂を聞いたことはありませんか?

ママ活とは男性が、女性からお金を貰って楽しむ関係を言います。

このような都合の良い話、信じがたいですが、ママ活は、密かに、確実に存在しています。

ここで紹介するアプリやサイトを使って、密かにママ活の相手を探しているのです。

王道ママ活サイト・アプリ3選!迷ったらこれ!
目次

安心安全なママ活アプリ・サイトおすすめランキング一覧

ママ活アプリ・サイトおすすめランキング一覧

ママ活のお相手になる素敵な女性と出会うためにはどんなサイトやアプリを利用すれば良いのでしょうか?

素敵なママと、効率的に出会うことができるサイトやアプリについて紹介します。

ママ活アプリ・サイトおすすめ1位 Jメール

Jメール

公式URL
https://mintj.com/[18禁]

初回無料pt最大1,000円分
主な消費pt・プロフィールの閲覧 0pt(一部消費pt有)
・メッセージ送信 7pt
・受信メッセージを読む 0pt
・掲示板画像を見る 3pt
会員数600万人以上
運営歴20年以上
インターネット
異性紹介事業届出

Jメールがサービスを開始したのは2000年であり、なんと20年以上の歴史がある老舗マッチングアプリです。

会員数は600万人越えており、たくさんの男女が利用していることがわかります。

運営実績があることと豊富なユーザー数を誇るだけの事はあり、メールや電話によるサポートを含めてセキュリティに万全の体制を施しています。

ママ活をするならJメールにある「誘い飯掲示板」がお勧めです。

この掲示板は男女問わず、誰かをご飯に誘うときに利用する掲示板であり、真剣な出会いよりもライトな関係を求める男女に人気があります。

他のマッチングアプリと比較しても、登録している女性の年齢層が高めであることもママ活にぴったりと言えるでしょう。

なぜならママ活希望の女性に20代は少なく、やはり30代から50代がメインになるからです。

Jメールの利用者の口コミ評判

18年も続いてるとか、安心感がちがいます。怪しげなサイトも多いので実績でえらびました。管理体制もばっちりだし、キケンはなさそう。サクラではという方もいませんでした。

とにかく利用者が多く、掲示板にはステキな方が選び放題です。ただし、結婚のための出会いを求める方が多くてママ活に適してるかというと疑問かもしれません。専用アプリを使った方が良いのかも。

若い方もいますが、40代50代のお金を持ったママ活世代の方も多数登録していました。このくらいの年齢の方だと一部結婚に必死な方もいるものの、ママ活と割り切ってる方も多いので出会いはスムーズで良かったです。

Jメールでママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ2位 ラブ

ラブ

公式URL
http://lovez.jp/[18禁]

初回無料pt無し
主な消費pt・プロフィールを読む 0pt
・メッセージ送信 30pt
・受信メッセージを読む 25pt
・写真を見る 0pt
会員数記載なし
運営歴記載なし
インターネット
異性紹介事業届出

ラブは無料でできることが多く、始めるハードルがかなり低いマッチングアプリです。

写真、プロフィールは見放題で、ママ活したい人、できそうな人を、お金をかけずに探すことができます。

まずは趣味友探し、恋人探し感覚でママ活相手探しを始めましょう。

ラブの利用者の口コミ評判

不倫推奨・既婚者OKっていう出会い系サイトですから、身体だけのお付き合いがスムーズにできます。きわどい内容でやり取りをしても大丈夫、そのままいい感じになってママ活へとつなげやすいです。

ご主人に飽き飽きしている人妻の方々が中心ですから、若さとか従順さをアピールするだけで簡単にママ活をしてくれます。都会で暇そうな女性の方って結構お金も持っていますね。

同じ県内の方としか出会えないってのは使い勝手が悪いですが、交通費を掛けずに気軽に会えるという意味ではメリットとなるのかもしれません。登録無料なので気になって登録してみました。

ラブでママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ3位 イククル

イククル

公式URL
https://www.194964.com/[18禁]

初回無料pt最大80pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
会員数1500万人以上
運営歴20年以上
インターネット
異性紹介事業届出

イククルはインスタグラムと連動した写真投稿企画や動画・日記の投稿ができることもあり、SNSを使い慣れたママがたくさん登録している傾向にあります。

インスタグラムと連動しているため写真が綺麗に展開でき、ルックスの良いマダムを探すときに力を発揮します。

イククルは真剣な出会いを求めている女性が多いということもあり、ママ活というより真剣な出会いを探す方が向いているという声があるのも事実です。

しかしママと出会うことができないというわけではなく、長期的に安定してお付き合いするママ活女性と出会うためにお勧めです。

もちろんママ活のメイン層である30代から40代の女性もたくさん登録していて、暇な時間を持て余しているマダムが多い印象があります。

イククルの利用者の口コミ評判

ママ活だけでなく結婚とか交際とか、いろんな出会いを求めてる方がいる印象です。だからママ活対象者は少ないのかというとそんなことは無し、会員数が多く分母が大きいので不自由することはありませんでした。

歴史も長く会員数も多い、モデルの小森純さんもイメージキャラクターを務めていました。とにかく安心感は大きいです。結婚相手というよりも恋人探しを目的にといった10代の方が多いので、ママ活とはちょっと違うかもしれません。

運営側が主催して婚活パーティーとかも行われていて、気軽に会って出会いを探すといった意味では使いやすいんじゃないでしょうか。ママ活も少しずつ知名度を上げてるので、引かれることはありませんでした。

イククルでママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ4位 ハッピーメール

ハッピーメール

公式URL
https://happymail.co.jp/[18禁]

初回無料pt最大120pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メール送信 5pt
・メール受信 0pt
・プロフィール画像の閲覧 2pt
会員数3000万人以上
運営歴20年以上
インターネット
異性紹介事業届出

ママ活アプリの中でもハッピーメールは特に人気が高く、利用者もかなりの多さです。

東京都心で多く宣伝していることもあり、知名度も高く、マッチング率が高い点でも評価されています。

つまり、ママ活初心者からベテランまで、幅広い男性におすすめだと言えます。

ママ活をするのに困ることがないため、ハッピーメールを利用する人が多くいます。

ハッピーメールの利用者の口コミ評判

東京など人の多いところでしかママ活はできないと思いましたが、ハッピーメールであれば全国どこでもママ活ができます。現に私は東北の人の少ないところでやりましたが、簡単に出会うことができました。

登録者数が多いことに惹かれて利用しました。最初は中々マッチングしなかったのですが、プロフィールなどを変えてみたところ不思議と出会いに恵まれました。上手くいかない時はプロフィールなど見直すと良いです。

明らかにポイント稼ぎでしょ、っていう女性に遭遇してしまいました。ハッピーメールは有名なのでそんなことないと思っていたのに、残念です。

ハッピーメールでママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ5位 YYC(ワイワイシー)

YYC

公式URL
https://www.yyc.co.jp/[18禁]

1pt=1.1円

初回無料pt最大350pt
主な消費pt・プロフィールを見る 10pt
・メッセージを送る 50pt
・メッセージを読む 0pt
会員数表記なし
運営歴表記なし
インターネット
異性紹介事業届出

YYCは利用者数がとても多いので、全国どこでもママ活ができます。

しかしYYC最大の特徴は何と言ってもその検索機能でしょう。

外見では身長などは当たり前のこと、メガネの有無や性格までも探すことができるのです。

そのため、「見た目だけで選んで、実際に会ったら後悔した」という事態を避けることができます。

後悔のないママ活がしたい人におすすめです。

YYCの利用者の口コミ評判

YYCは課金型のアプリなので、中々ママに出会えないことでかなり焦りを感じ月に数万円近く課金してしまいました。結局出会うことはできましたが、思った以上の出費でギリギリお手当でカバーできたので良かったです。

とにかく細身の女性、と思い検索機能を活用しました。理想の体型のママに出会えて嬉しかったのですが、若干性格で私と合わない気がしました。今度は性格でもしっかり検索していこうと思います。

24時間いつでもサポートしてくれるので有難いです。ママ活で犯罪に巻き込まれないかと不安だったのですが、YYCがしっかりサポートしてくれたので健全なママ活ができました。

YYC(ワイワイシー)でママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ6位 デザイア(Desire)

デザイア

公式URL
https://desire777.com/[18禁]

初回無料pt表記なし
料金スタンダード会員:5,500円/月
ゴールド会員:~7,500円/月
会員数表記なし
運営歴表記なし
インターネット
異性紹介事業届出

ママ活では自分からママを探すのが基本ですが、「探すのが面倒…」、「どう探せば良いのか分からない」という人はデザイアがおすすめです。

なぜならデザイアではスペシャルオーダーという、女性から男性にメッセージを届けるシステムがあるからです。

これにより、男性は届いたメッセージから好きな女性を選ぶことができるため、男性はただ待っているだけで色々なママと出会えるわけです。

デザイア(Desire)の利用者の口コミ評判

既婚者が多いことに驚きました。ただ食事をするだけのママ活だったので不安なことはなく、ママもママ活に慣れているようで安心して楽しむことができました。

スペシャルオーダー、最高です。実際に同時に何件かメッセージが届いて、チェックする際はワクワクしていました。自分好みのママを選べるのも嬉しく、デザイアしかもう使うことはできません。

できれば無料のサイトを使いたいと思いデザイアを登録しました。確かに登録は無料ですが、メッセージやらなにやらするのにお金がかかるではありませんか。もう少し詳しく料金システムを確認しておけば良かったです。

デザイア(Desire)でママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ7位 First mail(ファーストメール)

ファーストメール

公式URL
https://1st-mail.jp/[18禁]

1pt=10円

初回無料pt
主な消費pt・メール送信 25pt
・メール受信 15pt
会員数表記なし
運営歴表記なし
インターネット
異性紹介事業届出
表記なし

First mailには30代から50代の大人な女性がたくさん登録しています。

マッチングアプリでは掲示板に投稿する際は男性は有料のところがほとんどですが、First mailは1日1回無料で利用できます。

登録しているたくさんの女性に一気にアプローチをかけるにはもってこいのシステムですね。

毎日コツコツといろんな女性に声をかけていきましょう。

こちらのシステムもマッチングする前から女性にメッセージを送信することができるため、効率良くママ活したい男性にお勧めのマッチングアプリなんです。

First mail(ファーストメール)の利用者の口コミ評判

女性は永久無料となってるためか、数が多い割には本気度は人それぞれだったように感じられました。数打たないと良い方と出会うのはむずかしそうです。目的にあった出会いが見つかるのはいいですね。

清潔感のある公式サイトデザインと、運営会社は所在地も代表者名も電話番号もきちんと書かれてあって安全性も確かそうだったので登録しました。怪しげなサイトも多い中で、ある程度の安心感は約束されてるんじゃないでしょうか。

こういったアプリ、女性側は無料でも男性も無料というのは珍しく利用を決めました。とはいえ一部有料コンテンツもあるので注意は必要です。身分証明とかもあるし、安心感は高いです。

First mail(ファーストメール)でママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ8位 ASOBO

ASOBO

公式URL
https://aso-bo.com/[18禁]

初回無料pt最大70pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 0pt
会員数500万人以上
運営歴18年以上
インターネット
異性紹介事業届出

ワクワクメールやPCMAXと比べると知名度はそれほど高くないASOBOですが、ママ活においては大きな実績があります。

公式サイトによると、12秒に1組のペースでママ活カップルが成立しているとのことで、ママ活相手を募集している男女にとって愛されたサービスであることがわかりますね。

登録無料で匿名で登録できるのも魅力的であり、仮に知り合いに見つかったとしても身バレしてしまう可能性は非常に低いといえます。(もちろん年齢確認や個人認証はしっかりとしています)

またマッチングする前からメッセージのやりとりができるのも大きなメリットのため、気になった女性に直接アプローチすることができます。

有人24時間・365日のサポート体制も充実していて、安心して利用できるサービスです。

ASOBOの利用者の口コミ評判

アバターとかゲームとかランキングコンテンツとか、いろんな要素があって楽しいのですがどちらかというと若い子向きでしょうか。とはいえ、ガンガン利用してるママたちもいてそういう方たちって気も心も若いので話しやすかったです。

2001年からと歴史が長く、安心感があります。パパ活ママ活も当たり前となってきていて、恋愛とか結婚とかめんどくさい付き合いなく出会える相手を探してる方も意外と多くいらっしゃいました。

大抵は交際相手を探してる方、でも登録者数が多いこともあってママ活の対象となりそうな女性も意外と選択肢は広くあります。男性側にもリーズナブルなのもありがたいですね。

ASOBOでママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ9位 ワクワクメール

ワクワクメール ママ活

公式URL
https://550909.com/[18禁]

初回無料pt最大120pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
会員数1000万人以上
運営歴19年以上
インターネット
異性紹介事業届出

サイト内を見た感じでは恋愛マッチングサービスですが、実際に利用するとママ活募集している女性も結構多いです。

会員数は約700万人と非常に多く、それだけ出会いがたくさんあります。

他のマッチングアプリと比較しても30代以降の女性会員が最も多く、素敵なママを見つけやすいサービスです。

無料登録により1400円分のポイントがゲットできるのも特徴です。

この無料ポイントだけを上手に利用してママを見つけることも不可能ではないです。

ワクワクメールの利用者の口コミ評判

会員数は1000万人以上だとか、とにかく選択肢が多いのはうれしいです。結婚相手ではなくあくまでママ活希望なので、すぐに出会えるのとかはいいですね。煩わしいやり取りは面倒です。

前払い制で余計な金額が発生することはないので、安心して利用出来ました。料金体系とか登録者数とか年数とか、安心ポイントが多数です。キケン度は低いです。ママ活に向いてるかというと正直微妙かもしれません。

結婚や恋愛だけじゃなく、パパ活とかママ活・暇つぶしといろんな目的の方が揃ってるので自分の目的に合った方が手軽に選べていいです。サクラっぽい存在は確認できませんでした。

ワクワクメールでママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ10位 青山プラチナ倶楽部

青山プラチナ倶楽部

公式URL
https://www.aoyama-platinum.com/[18禁]

初回無料pt表記なし
料金・ゴールド会員(初年度):入会金55,000円 紹介手数料33,000円
・プラチナ会員(初年度):入会金110,000円 紹介手数料55,000円
会員数表記なし
運営歴表記なし
インターネット
異性紹介事業届出
表記なし

裕福な男性と女性を繋げるマッチングサイト、「青山プラチナ倶楽部」。

ママ活を希望する男性にとっては、若干、趣は違いますが、とにかく綺麗な女性と出会いたいという人向けです。

ママ活を希望する女性は正直言って少ないですが、それ以外で男性との出会いを求める女性が数多く利用しています。

遊び感覚の軽い気持ちで利用しても、女性と繋がる可能性が高いサイトです。

青山プラチナ倶楽部の利用者の口コミ評判

港区六本木という場所柄もあるのでしょう。高級感たっぷりでママたちの年収もけた違いとなっています。こちらが思ってる以上に太っ腹でたからせてくれて、甘えさせてくれます。

東京だけでなく名古屋や大阪にもお店があります。何店舗も展開する安心感はありますね。人数を制限してでも品質にこだわって選ばれているので、失敗したと感じることはありませんでした。

まさにプラチナ級、とにかく質の良い出会い系をと求めるならこちらでしょう。皆さん太っ腹の素敵な女性たちばかりでした。上質な時間を過ごすことができて、よいお勉強になりました。

青山プラチナ倶楽部でママ活するやり方

ママ活アプリ・サイトおすすめ11位 華の会メール

公式URL
https://hana-mail.jp/[18禁]

初回無料pt1500円分プレゼント
主な消費pt・プロフを見る 2pt
・メール送信 10pt
・メール受信 0pt
・画像を見る 6pt
会員数表記なし
運営歴表記なし
インターネット
異性紹介事業届出

30代以上の中年ママを求めているのであれば花の会メールがお勧めです。

このサービスは30歳以上の男女しか登録できないようになっているため、登録しているのはすべて30代以上の女性です。

ママ活をする女性が30代以上であることを考慮すると、このアプリはママ活をする上で非常に合理的なサービスです。

華の会では「今」ログインしている女性がリアルタイムに反映されるようになっていますから、非アクティブなユーザーにメッセージを送ってチャンスを逃すことがありません。

女性は完全無料で利用することができますし、男性も初めての登録で1500円分のポイントが付帯されるのが太っ腹ですね。

華の会メールの利用者の口コミ評判

30代以上との年齢制限がありましたが、実際には50代以上とある程度社会的地位もしっかりした年代の方の利用が多く、ママ活の対象となる方が選び放題といった印象がありました。

オペレーターの方に手伝ってもらえたので、登録とか操作とかスムーズにできました。大変親切で、ママ活に対しても理解がありそういった目的で登録している方ときちんと繋げてくれました。

年齢確認とか個人情報の保護とかをちゃんとやってくれてるので、安心して利用できます。女性は無料だからかとにかくたくさんの方がご利用されていて、ステキな出会いが得られました。

ママ活アプリ・サイトおすすめ12位 シルク(SILK)

公式URL
https://www.silk-jp.com/[18禁]

初回無料pt表記なし
料金4,000円~/1ヶ月
会員数表記なし
運営歴表記なし
インターネット
異性紹介事業届出

シルクに登録している女性の年齢層は幅広いと言われています。

それだけ様々な女性と出会える可能性があるのですが、そこで安全面が気になります。

しかしシルクではかなりの安全性の高さを誇っており、24時間監視はもちろんのこと身分証での年齢確認やインターネット異性紹介業にも届出済みです。

こうしたことから、シルクではトラブルなく安心してママ活ができるのです。

シルクの利用者の口コミ評判

お金持ちの女性はそこまで多くはないと思います。ただ、お手当よりもとにかく何人ものママと出会いたいという人であればシルクはかなりおすすめです。

これほどまで年齢差があっても出会えるアプリはないのではないでしょうか。20歳以上離れた女性とも簡単に出会うことができました。

他のプリと比べてプロフィールの項目が少ないように感じます。しかも「いいね」をするのにポイントがかかるので、慎重に相手を選ばなければならないのも気になりました。

ママ活アプリSILK(シルク)の詐欺?悪い口コミ評判は事実?料金・お手当の相場を徹底調査

ママ活アプリ・サイトおすすめ13位 ティンダー(Tinder)

ティンダー

公式URL
https://tinder.com/[18禁]

初回無料pt表記なし
料金表記なし
会員数表記なし
運営歴10年以上
インターネット
異性紹介事業届出
表記なし

基本的にママ活アプリを利用する場合、メッセージ送信などをするとお金がかかってしまいます。

しかしティンダーでは登録はもちろん、メッセージのやり取りまで無料で行えてしまうのです。

そのため、できるだけお金をかけずにママ活したい男性におすすめです。

ティンダーの利用者の口コミ評判

ティンダーでは年齢だけでなく距離まで指定して相手を探せるので、出会いやすいと感じました。身近にいるママということで、何となく親近感が湧いて気軽にデートができました。

ティンダーのママ活相場が低いように感じます。以前他のアプリで数人のママと出会いましたが、ティンダーの方が常にお手当が安いのです。

簡単な操作で出会うことができるのが、ティンダーの魅力でしょう。LIKEもスワイプ一つで送れるため、シンプルな出会いを求めている人に向いていると思いました。

Tinder(ティンダー)でのママ活は詐欺の可能性あり!その理由ややり方や料金、お小遣いの相場を解説

人気ママ活アプリ・サイトの簡単な比較表

スクロールできます
公式サイト料金初回無料
ポイント
主な消費P利用している
女性の傾向
会員数運営歴会員の年齢層インターネット
異性紹介事業届出
Jメール1P=約10円最大1,000円分・メッセージ送信 7P
・受信メッセージを読む 0P
女子大生/OL/人妻/熟女600万人以上18年以上20代~40代
ラブ1P=約10円無し・メッセージ送信 30P
・受信メッセージを読む 25P
女子大生/人妻表記なし表記なし20代~30代
イククル1P=約10円最大80P・メッセージ送信 5P
・受信メッセージを読む 0P
女子大生/OL1500万人以上20年以上20代~30代
ハッピーメール1P=約10円最大120P・メッセージ送信 5P
・メッセージ受信、閲覧 0P
女子大生/OL/人妻3000万人以上23年以上20代~40代
YYC1P=約1.1円表記なし・メッセージを送る 50P
・メッセージを読む 0P
女子大生/OL1000万人以上10年以上20代~30代
ワクワクメール1P=約10円最大120P・メールを送る 5P
・受信メッセージを読む 0P
女子大生/OL1000万人以上20年以上20代~40代
ファーストメール1P=約10円表記無し・メール送信 25P
・メール受信 15P
女子大生/OL表記なし表記なし20代~30代表記なし

ママ活ではおすすめできないアプリ・サイト

ここまでママ活相手探しでおすすめできるアプリ、サイトを紹介してきました。

しかし、ママ活アプリ、サイトの中には出会えないアプリ、サイトも存在しています。

ママ活ではおすすめできないアプリ、サイトをいくつか紹介していきますね。

X(旧Twitter)

Xは利用者が多く、また利用する人の年齢層も高めとなっています。

利用者の年齢が高いとなるとママ活の出会い探しに使いやすいと思われそうですが、出会い目的での利用を禁止されている関係上、常に通報されるリスクがあるのが問題です。

例えば、気軽な感じでダイレクトメッセージを送っても、通報されてアカウントが使えなくなり、ログイン自体が出来なくなるといったことがあり得ます。

また、設定状況では、相互フォローにならないとメッセージ自体送れない、下手にハッシュタグを使ってアピールしようとすると迷惑ユーザー扱いされてアカウントが凍結される恐れもあります。

経営、運営が大幅に変わり、様々な仕様変更が急激に行われるようになったの、ママ活などの出会いを求める人には使いにくいアプリになっているのです。

Instagram(インスタグラム)

Instagramは女性の利用者が多く、その女性をターゲットにした男性も多く利用しています。

ハッシュタグを通じた趣味の話題などで繋がりやすく、現状ではXよりも使いやすいと考える人もいます。

しかし、実際はママ活やセフレなどのタグは厳しく監視されていて、常にアカウントが凍結されたり、相手が凍結される恐れがあることに注意が必要です。

また、迷惑メッセージが届く確率も高く、ママ活相手探しにはハードルが高いのです。

Instagramに信用できるアカウントにするためには時間や手間がかかるため、おすすめ出来ないアプリになっています。

ママリッチ

ママリッチはママ活マッチングサービスとして作られたものです。

しかし、月額9,800円と基本が高額なこと、1いいね1,000円からと、ちょっとしたやり取りでも大きな費用が発生するようになっています。

「いいね」のやりとりをしなければそもそもマッチングが成立しないため、どうしても費用が高くなってしまうのです。

sweet memory2

ママ活相手探しでアプリを使う場合は、運営の信頼性も重要で、どのような事業を行っているか、規模や会社の所在地を確認できるかは非常に重要になります。

sweet memory2を運営する合同会社IOKはどういった会社なのかが不明である他、会社住所などを確認するのが困難な状況になっています。

公式サイトに会社の住所や連絡先番号などが書かれているかは、会社・運営者の信頼性を確認するために大切な情報です。

大手企業や実績のある企業のように公開されている情報が少ない状態になっているため、トラブルなどにあったときに対応して貰えるかも不明で、信頼性はかなり低くなっています。

Queen

Queenはラインを通じたママ活マッチングサイトですが、公式サイトや会社情報などを確認できず、運営の実態があるかもわからない状態になっています。

X(Twitter)に公式アカウントがあるものの、更新は2023年4月で止まったままになっています。

過去のポスト内容も似たような内容の繰り返しとなっており、既に運用されていない可能性もある状態です。

LINE経由の詐欺なども存在するため、運営者がわからない会員制サイトなどにはかかわらないのが一番と言えます。

安心安全にできるママ活アプリ・サイトの選び方

安心安全にできるママ活アプリ・サイトの選び方

ママ活相手が探せるアプリは、ネット上に数多く存在しています。

安全に、本当に出会えるママ活アプリを利用したいなら、どれが良いのか判断しなければいけません。

そこで、後悔しないママ活アプリ選びのポイントを、項目ごとに説明していきましょう。

30~50代の熟女が多く利用するものを選ぶ

まず、ママ活相手と出会う上で絶対に失敗してしまうのは、若い年齢層の利用者が多いマッチングアプリを選んでしまうことです。

ママ活する女性というのは、ある程度お金を自由に使える、30~50代以上の女性が多く、逆に若い女の子がママ活する可能性は低いです。

若い女の子が多いマッチングアプリを利用するのは非効率と言えるのです。

機能性が充実しているアプリを探す

機能が充実しているマッチングアプリを選ぶと出会いの可能性が高まります。

具体的にいうと、ママ活専用の掲示板があることや、すぐに会える機能などがあるかどうかです。

また、検索機能が充実しているかどうかも重要で、細かな条件設定ができるものであれば、より好みのママ活相手と出会えるでしょう。

料金プランも重要

ママ活アプリの料金相場は男性が3,400円〜4,500円(月額)で、女性は基本無料です。

料金プランはピンきりですが、自分が払える金額の料金設定のマッチングアプリを利用しましょう。

あまりにも月額料金が高い場合、ヒットしない場合には続けることが難しくなります。

セキュリティ対策で安全性を確保するアプリ・サイトを探す

危険性が高いマッチングアプリで起きることは、個人情報の漏洩・悪質なサイトへの勧誘・詐欺行為への誘導などです。

より安心・安全にママ活が楽しめるように、セキュリティの強化に注力しているようなアプリを探しましょう。

安全に利用できるように24時間365日の監視体制、悪質なユーザーがいないか常時チェック、個人情報の保護に努めているアプリを探します。

ママ活アプリ・サイトで成功させるためのコツ

複数のマッチングサービスを利用する

ママ活アプリ、サイトの利用は制限されているわけではないので、可能な限り、複数利用しても問題ありません。

それだけママとの出会いのチャンスが広がりますし、幅広いタイプの女性の中から理想的な相手を見つけやすくなります。

また、ママ活アプリ、サイトの使い方や傾向も掴みやすくなり、どんどん上手くなっていくので、仲良くなれる女性も増えていくでしょう。

サービスの特徴ごとにプロフィールを作成する

複数のママ活アプリ、サイトを併用して女性を探すのであれば、それぞれのサービスごとに異なるプロフィールを用意しておくのがおすすめです。

同じ写真やプロフィール文で登録していると、掛け持ちしていることが女性側にバレやすく、冷やかし目的ではないかと警戒されてしまいます。

なるべく、そのアプリやサイトの雰囲気に合ったものを用意しておいてください。

複数の人と同時にやり取りする

マッチングした複数の相手と、同時進行でメッセージのやり取りをしていても問題はありません。

ママ候補が複数いれば、候補の一人から連絡が途絶えてしまっても、また1から相手探しをする必要がなく、気持ちにゆとりが持てます。

また、様々な女性とコミュニケーションを取ることで、それぞれの女性を比較できて、より理想に近い人を見つけやすくなるのがメリットです。

しかし、ママ候補が多すぎても、同時にやり取りがしにくいので、3人~5人くらいをキープしておくといいでしょう。

未婚女性やバリキャリなどが狙い目

特にマッチングしやすいのは、仕事に夢中になっていて、異性に頓着せずに年齢を重ねた女性や、適齢期を過ぎても独身の女性です。

実生活で男性と深い関係を持つ機会がないため、マッチングアプリやサイトに登録していることが多いので、積極的にアプローチしていけば落とせる確率が高くなります。

女性受けを考えて見た目を整える

女性に好印象を与えるように、見た目にも十分気を使いましょう。

清潔感があるのは基本中の基本。

ヘアスタイルを整え、基礎化粧品を使ってスキンケアを行い、爪やは短く切っておいて、服にはアイロンをかけて持ちものの汚れもしっかり落として綺麗にしておくこと。

女性は細かいところまでチェックしています。

「女性」として相手を丁寧に扱うこと

ママ活ではママを「女性」として大切に扱い、丁寧に接するようにしましょう。

お互いに合意の上でのママ活であっても、尊重してくれない相手とは女性も一緒にいたいとは思えません。

2人でいて楽しいと思える男性には尽くしたいと考えますし、大事にしてくれていると思うだけ、男性にも返す気持ちが大きくなります。

女性にとって魅力的な男性になれるように振る舞いましょう。

募集は積極的に行う

女性から声をかけられるのを待つのではなく、気になる女性がいれば、失敗を恐れずに前向きにアプローチしていきましょう。

もし上手くいかなかったらと思い悩むことがあるでしょうが、受け身でいてはせっかくの出会いのチャンスを逃してしまいます。

人となりがわからない人へのコンタクトは不安があって当然です。

しかし、それは女性側も同じように、男性側からのアクションを待っている人が多いので、積極的に行動したほうがいい反応が得やすいのです。

ママ活アプリ・サイトを使って探す際の注意点

業者に気を付ける

別のサービスへの誘導や個人情報を抜き取る業者が紛れ込んでいるマッチングアプリも少なからず存在します。

こういう相手は必ず、女性側が積極的に誘ってくる、男性の誘いにすぐ乗るなど、簡単に落とせそうな雰囲気を出します。

女性が積極的で、あまりも滞りなく進む事が進むようであれば気を付けましょう。

個人情報は絶対に教えない

最初の段階で、それほどやり取りもないのに個人情報を聞いてくる場合、いくらその相手が好みであったり、多くのお手当をくれる場合でも要注意人物です。

絶対に個人情報は渡さずに、アプリ内で通報やブロックをするのが良いでしょう。

名前や年齢などは特に問題なく教えてもいいのですが、住所や職場などは押しかけられる可能性もあるので、信頼ができない間は教えるのを避けた方が良いです。

お手当は先にもらう

ママが報酬を「後渡し」にする場合は気を付ける必要があります。

ママと一緒にご飯を食べたり、ショッピングを行ったりして「ママ活」した後は、報酬を払わずに逃げられる可能性があるからです。

ママと会う前のメールのやり取りで、お手当・報酬についてもしっかりと話し合い、「先払い」ということも条件に入れておきましょう。

貴重品について自身で管理する

ママに貴重品を盗まれてしまうケースもあり得ます。

また、ママ活に来た男性を狙う複数人のグループで犯行に及ぶケースもあります。

会う約束を交わしてからは、不用意に貴重品を見せびらかすようなことはやめましょう。

自分の貴重品はしっかりと自分で管理するようにしましょう。

18歳未満とのママ活はNG

ママ活として18歳未満の女性が男性を求めている場合も、少なからず存在しています。

どんな理由であっても18歳未満の女性とのやり取りは絶対に避けましょう。

ママ活アプリを利用する場合にも、年齢確認がしっかりされているアプリを選ぶように意識しておきましょう。

ママ活アプリ・サイトを利用するメリット

自分の希望するママと出会える

年齢や住んでいる場所、髪型などの容姿、また出会いのタイプなど、条件設定して女性を選べるのがママ活アプリ、サイトのメリットです。

条件が一致する男女が出会うので、時間をかけずにマッチングしやすいのです。

いきなり実際に会うよりも安全

ナンパや紹介などの出会いであれば、実際に会ってもどういった女性なのかが分からない場合が多いです。

また、ママ活に興味がない女性に、ママ活の話をしても成功できる可能性は低いです。

しかし、ママ活アプリ、サイトを利用して、ある程度のやり取りを重ねているのであれば、多少は人となりを理解しているので、実際に会っても上手く良く可能性が高いのです。

自分の周りの人に身バレしにくい

マッチングアプリを利用してママ活する場合、ある程度の素性を隠すこともできます。

素性を隠して、自分の住んでいる地域以外の女性とママ活することも可能です。

出張先や旅行先でママ活することで、自分の身バレするリスクが低く、ママ活することが可能です。

ママ活アプリ・サイトを利用するデメリット

お金がかかる

安心安全なママ活アプリ、サイトを利用するのであれば課金は免れません。

料金プランによっては月額料金が割高で、さらにメール一通につき高い金額をかけるサービスも存在します。

もう少しでものにできるとのめり込むと、支払いができなくなるまでに膨れ上がる場合もあります。

すぐに異性が見つかる可能性は高いですが、それでも一月に一人も出会えない…というパターンもあります。

一ヶ月にどれだけ使うのか、管理をしっかりする必要があります。

実際に会ったときのギャップがある

アプリ内のプロフィールでは、魅力的な身体つきをしている、ぷっくりした唇がチャームポイントと謳っていても、実際に会ったら違った…というケースも考えられます。

また、女性の写真も可愛らしく、魅力的に見せるための加工もしています。

実際に会ったときのギャップに驚く場合があることもデメリットの一つです。

業者や詐欺

マッチングアプリが進化した今の現代であっても、詐欺行為や業者が全くないわけではありません。

セキュリティ対策が万全であっても、男性側が騙される、詐欺行為の被害に遭う可能性はゼロではありません。

ママと出会う代表的な方法

ママと出会う代表的な方法

ママと出会える、探せる主な方法を紹介していきますね。

自分に合うと思うものを実践して、ママと効率良く出会いを実現させましょう。

SNS(Instagram、X(Twitter))などを利用する

SNSを活用する一番のメリットは、利用者の圧倒的な多さです。

特に日本において高いシェアを誇るX(Twitter)やInstagramなどは非常に利用者が多く、また基本的に無料で使えるので参入のハードルが低い点も魅力でしょう。

ただしその反面、性別を偽るなどの成りすましも多く、運営による取り締まりなども特にないので、自力で相手を見定めるしかなく、詐欺などの被害に遭う確率も高いのがデメリットだと言えます。

繁華街でナンパする

年下男性と知り合いたい女性が集まるような場所も口コミで知ることができ、また実際に顔を合わせるので自分の好みや、相性が分かりやすかったり、なりすましなどの被害に遭いにくいのがメリットです。

ただし、ママと出会いやすい場所を知るための情報収集能力や、コミュニケーション能力の高さなどが求められるのが難点です。

さらに、当然、女性側も男性側を見て判断するので、容姿に優れているなど一見してわかりやすい武器を持っていないとママ活相手を見つけることは難しいかもしれません。

あわせて読みたい
ナンパで成功するやり方とは?声掛けしやすい女性の特徴や場所の紹介 ナンパをしてかわいい女の子を持ち帰りたいと考えている男性は多いと思いますが、ナンパの成功率は実はそれほど高くありません。 そしてナンパを成功させるためにはそれ...

ホストクラブなどでアルバイトして知り合う

ホストクラブを利用する女性は金銭的に余裕があり、そもそも若い男性と遊ぶことを目的として来るので、ママ活したい男性にとって理想的な相手と知り合える確率は高くなります。

ただし、まずホストとして安定して働くためには、それ相応の努力やセルフプロデュース能力が必要です。

また客との恋愛を禁止している店もあり、自分とピッタリ合う女性を見つけた場合でも店のルールに従う必要があります。

それだけのコストに見合うかどうか留意する必要はあるでしょう。

ママ活アプリ・サイトを利用する

ママとの出会いを目的とするマッチングアプリは、条件などの設定によって好みの相手と知り合える確率も高くなり、また運営によってしっかり管理されているので、良い出会いが考えられる方法です。

しかし、アプリにも多くの種類があり、飲み仲間を探すものや年上男性を求める女性が多く利用するものなど、目的に合わないものもあるので注意が必要です。

また婚活をコンセプトとするアプリなどは真剣に結婚を考えている利用者が多いので、もっとカジュアルに付き合いたい場合には向いていません。

あわせて読みたい
ママ活のやり方!探し方!ママ活したい男性向け出会う方法や稼ぐコツ紹介 「ママ活をしたいけど何から始めたらいいかわからない」「ママ活ってどうやってしたらいいの?」 この記事ではそんな悩みを抱えている男性のために、ママ活のやり方を丁...

ママ活アプリ・サイトの利用の方法、流れ

では、ママ活アプリ・サイトを利用して女性と出会うためにはどうすればいいのでしょうか。

利用の流れ、やり方を紹介していきますね。

STEP
ママ活アプリ・サイトに登録

まずは、ママ活アプリ・サイトに登録しましょう。

ただ、サクラが多いものもあるので、事前に優良アプリ・サイトの調査は進めていきましょう。

STEP
プロフィール作成

男性から女性にアプローチするので、女性に読んでもらえるように、興味を持ってもらえるような工夫が必要です。

写真も見栄えがいいものを選択するのがいいですし、プロフィール欄には自分のことをうまく表現しつつ、長すぎず、短すぎない文章を心がけましょう。

女性に見てもらやすいか、そうでないかで、マッチング率はかなり異なってきますから、ここは丁寧さを出してきたいです。

STEP
アプリ・サイト内でママを探していく

アプリやサイト登録をして、プロフィールもしっかりと書いているのであれば、後はママを探していきましょう。

利用するものにもよりますが、検索機能では趣味とか年齢、どんなことを希望しているのかが色々調べられるので、自分の希望にあった女性がいた場合にはお気に入りやフォローをどんどんやっていくことをお勧めします。

STEP
ママにメッセージを送ろう

ママ活アプリ・サイトは女性のほうから声掛けしてくれることもありますが、男性からも積極的に声掛けしましょう。

女性側としても、積極的に求めてくる男性のほうが、ママも愛情をかけやすいと感じられるでしょうし、声がかかっていたほうが目にも付きやすいからです。

女性を待っているだけも悪くないですが、可能な限り男性側からも声掛けしましょう。

STEP
ママと顔合わせをする

メッセージをやり取りして、会っても良いというような約束を取り付けたら、一度顔合わせという感じで出会うことになります。

すぐにママ活で色々やってもらえたり、お小遣いをもらえるのかと思うのですが、最初の段階ではまだもらえないようなケースということも多いです。

ですので、出会ってからすぐに色々やってもらうというわけではなく、その場でどんな人なのかを互いに知ることや交渉から始めることもあります。

STEP
条件が合えばママ活スタート

初顔合わせが済んで、お互いに話したりしつつママ活を進められそうと判断したら、ママ活がスタートとなります。

後は、交わした条件を基にお互いに行きたいところに行くことや、肉体関係に関してもやり取りしていくこととなるでしょう。

ここでうまくいけば長期的な関係を保てるママにもなってくれるかもしれませんので、ママの要望にうまく答えつつ、自分からも積極的な面をPRしてきましょう。

ママ活アプリ・サイトでよくある質問

ママ活アプリ・サイトでよくある質問
「ママ活」って本当にあるのですか?

はい、存在しています。
ママ活はお金を払って、女性が男性を買う仕組みになっています。
だからあまり表には出にくい、また、話にくい内容となっているので、聞き馴染みない言葉だと思います。
インターネットが一般的に浸透して、個人個人で秘密の出会い探しがやりやすくなりました。
そういった背景もあり、ママ活を本当にやっている男女は多いです。

ママ活は違法じゃないのですか?

違法ではありません。
ママ活は金銭のやり取りがあるとはいえ、一般的なカップルと同じような感じで、同じようなお付き合いをしています。
デートもしますし、食事もする。
お互いに贈り物をし合ったりする男女もいます。
当然、売春防止法にも抵触しませんので、安心して楽しんで下さい。
ただし、未成年の方とはやり取りは、法律に触れる可能性が高いので絶対に禁物です。

ママ活は初心者でも簡単に出来ますか?

ママ活アプリやサイト、掲示板などを利用するとママ活を募集している女性との出会いを簡単に見つけることができます。
ママ活は表立って相手を探すことができません。
だから、インターネットを利用して、全く面識のない人との出会いを求めるのです。
また、ママ活募集する女性は割と強い方、男性のようなメンタルを持っている方も多いので、ママ活初心者の男性であっても優しくリードしてくれるので安心できます。

童貞でもママ活ってできますか?

ママ活を希望する女性の多くは、童貞好みの方です。
…というのも、何もわからない男性をメチャクチャにしたいという願望を持っている女性が多いからです。
ママ活を希望する女性は、お金持ちであったり、年を重ねていたりと、ある程度、心に余裕があり、落ち着いている女性です。
女性と接することで慌てたり、上手くいかなかったり、失敗する男性に対して、愛おしく感じるのです。
そういった男性を、自分の思い通りにしたいと考えている女性がママ活を希望するのです。
だから、童貞だとしても問題なくママ活の相手は見つけられるでしょう。

おすすめママ活アプリ・サイトのまとめ

おすすめママ活アプリ・サイトのまとめ

ここまで、ママ活アプリ・サイトおすすめ格付け13選【2024年2月ランキング】を紹介してきました。

ママ活は現実あるものとして、知る人はやっている心と懐を満たす男女の関係です。

ママ活を希望する女性は意外にも多くいて、しかし、表立って相手探しや募集はしにくいということで、アプリやサイトを利用しています。

確かに、やや危険で怪しい関係ではありますが、「見極め方」を知ることでそのリスクを極限までに減らすことが可能です。

当サイトではそういったママ活に関する有益な情報を公開し続けるので、良かったら他の記事も見ていってくださいね。

この記事を書いた人

目次