ネットナンパとは?おすすめのネトナンアプリ紹介やストリートナンパとの違い解説

「色々な女性と出会いたい、遊びたい」という願望は多くの男性が持っているものですよね。

ただ、知り合うにしてもどうすればいいのか。

いわゆるナンパはハードルが高いという人におすすめなのが、「ネットナンパ」と呼ばれる方法。

一般的なストリートナンパと同様に、インターネットを利用して女性をナンパするというものです。

このネットナンパについて紹介します。

目次

ネットナンパはどんなツールで出来る?

X(旧Twitter)、InstagramなどSNSで

現在普及率が高く、参入ハードルが低いものの一つがInstagramやX(旧Twitter)などに代表されるSNSでしょう。

これらSNSの利用目的は多様であり、基本的には日常的なことをつぶやくツールとして使われていますが、ネットナンパで利用している人も少なくありません。

メリットは誰でも気軽にはじめやすく、審査や本人確認などの必要が無いこと。

デメリットは相手の正体がわからなかったり、安全性での問題などが挙げられます。

インスタでナンパをする方法やコツの紹介。出会いを簡単に成功させるマル秘テク

出会い系、マッチング系のアプリ・サービス

近年ではマッチングアプリもかなり普及してきており、一時期のアングラな雰囲気はほぼなくなりました。

現在では芸能人も利用を公表するなど、一般的な出会いの選択肢の一つとして認知されてきています。

何でもありのサービスから、目的を限定的にすることでマッチング率を上げているものなど種類は様々です。

メリットはSNSなどに比べると安全性は高めで、成功率も高いこと。

デメリットは料金がかかるものも多く、本人確認が必要になる点などが挙げられます。

ネットナンパの良い点

誰でも気軽にはじめやすい

まず路上ナンパなどに比べると参入ハードルが低いのがネットナンパの大きなメリットと言えます。

路上ナンパの場合、まずその場所へ行く必要がありますし、女性ウケの良いファッションなど準備も必要です。

その他、周囲の目もありますし、声をかけるという行為自体に戸惑ってしまう人もいるでしょう。

その点でネットナンパであれば、顔も見えず、気になった相手にすぐに声をかけやすいので、難易度は路上ナンパに比べるとかなり低いと言えます。

いつでも24時間出会いのチャンスがある

路上ナンパであれば、当然時間的制約があります。

昼よりも夜のほうが成功する確率は高めですし、そもそも誰も歩いていないような時間帯ならば非常に効率の悪いものとなります。

しかしネットナンパであれば互いにオンタイムである必要もありません。

24時間好きな時間に気になった相手に声をかけることができ、その記録が残るので、相手側も後からチェックしてリアクションすることができるのです。

仕事の関係などで時間が取りにくい人でも便利です。

フラれても大きなダメージを受けない

路上ナンパというのは直接目の前の女性に声をかけることになるので、断られた時のダメージもそれなりにあります。

そもそもナンパは断られることのほうが多いので、慣れている人間ならばすぐに切り替えて次へと行けるものですが、誰でもそうはいきませんよね。

やはり自分自身が拒否されたという事実は傷つくもので、しばらく引っ張ってしまうことも少なくありません。

ですがネットナンパならば文字情報だけなので、断られてもダメージが少なくて済みます。

複数人と同時進行できる

先ほども少し触れましたが、ネットナンパにおいてオンタイムである必要が無いという点は大きなメリットとなります。

たとえば路上ナンパであれば、自分の体は一つだけなので、声をかけられる相手はその場にいる一人のみ。

しかしネットナンパはその場にいる必要が無いため、気になった相手に対して複数同時に声をかけることも可能なのです。

交渉なども同時進行で行えるので、ナンパの効率としてはとても良い方法だと言えるでしょう。

出会いに積極的な女性もいる

ネットナンパではマッチングアプリなどを使用するのが主な方法ですが、そこで見つかる相手の女性も、当然、自分から登録した会員であり、つまり男性と出会うことが目的であるわけです。

路上ナンパの場合、そうしたスポットに行けば相手もナンパ待ちということは多いですが、それでも全員ではありません。

しかし、ネットナンパならばほぼ全員がナンパ待ちなので、少なくともまったく違う目的で迷惑がられるということも無いのです。

相手の女性からも求められているというのは大きいですよね。

ネットナンパの悪い点

プロフィールに嘘がある場合がある

マッチングアプリなどでは、利用する前に自分のプロフィールを作成することになりますが、そのプロフィールの内容や写真は自己申告によるものです。

高級デートクラブなど、条件や審査が厳しいサービスであればプロフィールで嘘をつくことは難しいですが、より気軽なマッチングサービスではそこまで厳密にチェックされていないのが現状です。

すごい美人だと思って会いに行ったら、実物は全然違っていたなんてことも有り得るのです。

実際に対面するまで、会うまでに手間が必要

路上ナンパならば、もしナンパに成功したらそこからすぐに遊びに行けますよね。

ですがネットナンパの場合は相手とのコミュニケーションに時間差があることもありますし、ナンパに成功したとしても、そこから日時の約束をして、改めて会う必要があります。

その場のノリで遊びに直行できる路上ナンパと比べると手間もかかり、またその時とはテンションが変わってしまう可能性があるので、その点は留意しておかなければなりません。

競争相手が多い

ここまでも解説してきたように、ネットナンパは気軽に参加しやすいことが大きなメリットの一つです。

しかし、そのメリットは他の人にとっても同じで、そうした手軽さから同じようにネットナンパこそ自分に合っているものとして利用している男性も非常に多いのです。

となればどういったことが起こるのかと言えば、レベルの高い女性や、ナンパできそうな女性には同じような男性が集中する。

つまり競争率が非常に高くなるわけです。

有料の場合もある

仮にSNSなどでネットナンパをするならあ、多くは食費用もかからずに済みますが、より効率が良く安全性も高いマッチングアプリなどを利用するとなると、そうしたサービスは有料であることが多いです。

女性は無料というサービスも多くありますが、手厚く便利なサービスほど男性向けの料金は高くなる傾向にあります。

できるだけ安くナンパをしたい、そもそもナンパそのものにお金をかけたくないという男性にとっては少し痛いかもしれません。

相手がサクラだったという場合もある

ネットを介したマッチングサービスにおいては、業者やサクラの存在も注意するべきものです。

それぞれのサービスでは業者やサクラの排除に力を入れていますが、完全に防ぐことはできないのが現実です。

そのため、ナンパに成功して実際に会ってみたら、実は業者で、料金の高いお店に誘導されたり、何らかの勧誘に合ってしまうなんてこともあります。

またサクラであれば、そもそも会うことができないといったケースも少なくありません。

ネットナンパを成功させるためには?

プロフィール写真はとても大切!

マッチングサービスなどの利用では、どのような目的であってもプロフィールが非常に大きな要素となります。

相手はまったくの見ず知らずの存在だけに、相手を知るための貴重な情報源としてプロフィールがかなりの幅を占めるためです。

そして婚活や恋活ならば、付き合う前提として性格や趣味も大切ですが、ネットナンパで何よりも大切なのは「見た目」。

容姿はもちろん、ファッションや写真の写り方でも印象はだいぶ変わってきます。

容姿に自信がない人であっても、プロフィール写真を工夫することで成功の可能性を上げることができます

自己紹介は簡潔に短くまとめるのがポイント

プロフィール写真と同様に自己紹介文も大切な要素ですが、ネットナンパならばできるだけシンプルに、わかりやすいことがポイントです。

婚活やパパ活などならば、むしろできるだけ埋められる部分は埋めて、特技や趣味などをアピールすることが大切だと言われますが、ネットナンパではどれだけ気軽に、素敵な相手と楽しい時間を過ごせるかがポイントです。

相手にとって煩わしくなく、わかりやすいプロフィールにすることがベストです。

デートの誘いはマッチング直後が成功率高め

自己紹介文などと同じように、ネットナンパではマッチングからの手順もシンプルなほうがベスト。

他の目的であれば会う相手を慎重に選ぶ必要があり、条件の合わない相手かどうか確認するといった手順も踏んでいくことが重要ですが、相手も遊ぶためのナンパ待ちという点を意識しておかなければなりません。

マッチングが成立してもなかなか誘われなかったり、コミュニケーションに時間をかけすぎると飽きられて、切られてしまいます。

ナンパに成功したらすぐLINEの交換を

マッチング後のコミュニケーションによって相手が好感触で、デートの誘いなどもOKがもらえたならば、すぐにLINEを交換しましょう。

LINEの交換には抵抗がある女性もいて、すぐに聞くのは良くないとされることもありますが、ナンパに関してはその限りではありません。

LINEの交換によって待ち合わせなどがしやすくなることはもちろん、相手とのつながりが強固になること、相手にとっても意識するべき存在として、ワンランク上の存在になれるなどのメリットがあるのでおすすめです。

言い訳を用意してあげるとホテルへの誘いもスムーズ

ナンパをOKした以上、大抵の女性はホテルへの誘いにもそれほど抵抗が無いことが多いですが、それでも簡単な女とは見られたくなかったり、積極的であることに抵抗を覚える女性は少なくありません。

そんな女性をスムーズにホテルに誘うには、女性にとって都合の良い言い訳を用意してあげることも大切です。

たとえば「お酒に酔ってしまった」、「終電が無くなってしまった」などは「一休み」するための良い理由として使いやすいでしょう。

路上ナンパとネットナンパの違い

出会える女性のタイプが違う

多少の誤解を生むかもしれませんが、全体的な傾向で言うならば、ネットナンパで出会う女性のほうが、路上ナンパで出会う女性と比べて、ちょっと危ないタイプが多いとは言えるかもしれません。

ここにはいくつかの理由が考えられますが、ネットで出会いを求める女性は、現実ではなかなか出会いが無い女性ということが挙げられるでしょう。

それが全てではありませんが、路上ナンパではそもそも相手を見てから声をかけられるので、危なすぎるのは避けられるということは言えます。

始める手軽さが違う

手軽さの点では、ネットナンパが圧倒的に優位と言えます。

路上ナンパではまずその場所に行かなければならず、ナンパで受けのいいファッションも必要で、トークスキルなども欠かせません。

ですがネットナンパであれば相手からは見えないそれらのことを誤魔化すのは可能で、場所もネット環境さえあればどこでも可能なので負担も少なく済みます。

会うまでの過程はすべて家の中で済ませることができるので、ネットナンパはかなり手軽でしょう。

出会いの確率が違う

これは非常に難しい比較になりますが、声をかけられる対象の多さでは圧倒的にネットナンパになります。

マッチングアプリなどに登録している女性は数千、数万といるので、選択肢の数だけで言うならば路上ナンパは敵うべくもないでしょう。

ただし成功率、出会いの確率となるとネットナンパはがくんと下がり、逆に路上ナンパは直接話をできるなどのメリットもあるため上がります。

結果としては互角とも言える比較になりますが、どちらを得意としているかにもよるでしょう。

必要になる金額が違う

こちらも出費の形はそれぞれに違いがありますが、互角に近いと言えるかもしれません。

まず初期費用で言えばネットナンパには入会費などの料金がかかるので、基本的にタダではじめられる路上ナンパのほうが安くなります。

しかし路上ナンパは現場に行くまでの交通費や、服装、場合によってはお茶や食事などの費用もかかるので、ネットナンパに比べるとお金が必要になる場面も多いです。

ただしネットナンパもルーチン化させて効率よくできるようになれば、入会費の元が取れ、コスパは良いかもしれません。

楽しさの質が違う

何を楽しさと捉えるかは人によりますが、一般的には路上ナンパのほうが楽しみが多いという人は少なくありません。

ナンパを趣味とする人にとっては、路上をうろついて声をかける相手を探すところから楽しみがあり、ナンパのコミュニケーション自体が楽しいという人も。

一方のネットナンパは行動がルーティンになりやすく、飽きてしまう人も多いようです。

ただネットでの活動に慣れている人ならば、コミュニケーションの楽しさは路上と変わらないという意見もあります。

ネットナンパにおすすめのマッチングアプリを紹介!

Jメール

Jメール

公式URL
https://mintj.com/

初回無料pt最大1,000円分
主な消費pt・プロフィールの閲覧 0pt(一部消費pt有)
・メッセージ送信 7pt
・受信メッセージを読む 0pt
・掲示板画像を見る 3pt
会員数600万人以上
運営歴20年以上
インターネット
異性紹介事業届出

Jメールは2000年からサービスを開始している、出会い系のサイトとしては老舗のサービスになります。

運営歴が長いということは、それまでに利用が廃止されるような大きなトラブルを起こしていないという証でもあり、信頼性は高いと言えます。

日記機能やつぶやき機能など、自分をアピールできる機能を多く備えているのが特徴で、どんな関係を求めているか、すぐにでも会いやすいかなどのポイントをリアルタイムでチェックしやすくなっています。

ハッピーメール

ハッピーメール

公式URL
https://happymail.co.jp/

初回無料pt最大120pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メール送信 5pt
・メール受信 0pt
・プロフィール画像の閲覧 2pt
会員数3000万人以上
運営歴20年以上
インターネット
異性紹介事業届出

ハッピーメール最大の特徴は、登録者数の多さ。

運営開始も2001年と歴史があり、国内でも最大級の利用者数を誇ります。

「出会い」を求めるならばまず最初に登録することをすすめられることも多いこのサービス、ただ数が多いだけではなく、新規登録者も多いので、常にアクティブで新鮮な相手と出会えるのもポイントです。

無料で利用できる機能も多いので、軽い感覚で使っているタイプが多く、ネットナンパに向いていると言えます。

イククル

イククル

公式URL
https://www.194964.com/

初回無料pt最大80pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
会員数1500万人以上
運営歴20年以上
インターネット
異性紹介事業届出

イククルも会員数が1,500万人と、非常に多い大手サイトの一つです。

掲示板や日記機能など、サービス上でコミュニケーションを取りやすい機能が多く、ネットナンパ師たちによる女性との交流も盛んです。

会員数が多いので地方在住でも出会いやすく、また日付指定もできるので、すぐに会える相手を見つけやすいという点もネットナンパに向いていると言えます。

安全性への取り組みも熱心で、サポート体制が充実していると人気です。

ワクワクメール

ワクワクメール

公式URL
https://550909.com/

初回無料pt最大120pt
主な消費pt・プロフを見る 0pt
・メッセージ送信 5pt
・受信メッセージを読む 0pt
・募集画像を見る 2pt
会員数1000万人以上
運営歴19年以上
インターネット
異性紹介事業届出

ワクワクメールは本人認証に特徴があり、身分証明書の提出と同時にセルフィー(自撮り)も送信することで、同一人物であることの確認が徹底されています。

このことによって業者などの入り込む隙が狭くなり、安全性がとても高くなっています。

その成果もあって、業者やサクラに遭遇する確率は他のサービスと比べてもかなり低いと言われています。

こうしたことから恋活目的の利用者なども多めですが、それだけに女性の質は高い可能性があるでしょう。

ラブ

ラブ

公式URL
https://lovez.jp/

初回無料pt無し
主な消費pt・プロフィールを読む 0pt
・メッセージ送信 30pt
・受信メッセージを読む 25pt
・写真を見る 0pt
会員数記載なし
運営歴記載なし
インターネット
異性紹介事業届出

ラブは登録料が無料で、いますぐ近くにいる女性を検索できるのが特徴です。

まず「会う」ことを求められるシステムはネットナンパに向いていると言えるでしょう。

出会いのしやすさの一方でかなり自由度が高く、匿名性の高い状態でのネットナンパができる点も他のサービスにはあまり見られないメリット。

実際の利用料金はやや高めで、他のサイトへの登録が必須などデメリットもありますが、素早い出会いを求めるならば選択肢の一つとなるかもしれません。

自分に合ったナンパの形を選ぼう!

ネットナンパ・ストリートナンパそれぞれにメリット・デメリットがあり、どちらが一方的に優良ということはありません。

行動力やトーク力に自信があるならばストリートナンパ、手軽さと効率を求めるならばネットナンパが合っていると言えるでしょう。

この記事を書いた人

目次