シングルマザーをセフレにする方法とは?シンママとの出会い方や口説き方

シングルマザーをセフレにする方法とは?シンママとの出会い方や口説き方

セフレを作る難易度は職業や立場などによって異なりますが、シングルマザーは狙い目の一つと言えます。

再婚を考えず、性欲を発散したいだけのシングルマザーも珍しくなく、子育てのストレスからセフレ作りに走る人もいるからです。

後腐れがない関係を求める人も多く、セフレには打ってつけのタイプの女性と言えます。

ここでは、そんなシングルマザーの情報について詳しくまとめていきます。

セフレが見つかるマッチングアプリ3選

Jメール

jメール

初回最大1000円相当ptプレゼント

セフレ関係を希望する女性利用者が多いサイト!18年の運営歴が出会いの実績がある証拠。

イククル

イククル

初回最大80ptプレゼント

1,500万人の利用者がいる老舗のマッチングアプリ。それだけ信頼性が高く、出会いがあるという証。

ラブ

ラブ

登録前に掲示板が見れるので、ママ活相手を確認できるのが魅力的。プロフィール見放題も嬉しい特徴。

セフレが探せるマッチングアプリおすすめ番付【2024年02月最新】
目次

シングルマザー(シンママ)がセフレにおすすめな理由

意外と可愛い人が多い

シングルマザーは若くして結婚して、別れるケースも珍しくなく、容姿に恵まれている人もいます。

ルックスは良くても性格に問題があれば、それだけ結婚生活がうまくいかない確率が上がるからです。

見た目が良くて、チヤホヤされるのが当たり前であった女性や、出きちゃった婚(授かり婚)で子供が出来た人は余計にその可能性が高く、可愛い人も多いのです。

若くして夫を亡くした未亡人のようなケースもあるため、偏見を持たずに候補に入れておくのもおすすめです。

ライバルが少ない

シングルマザーを狙おうとすると、結婚や子供のことがあったりと、何かと面倒に感じる男性はかなり多くいます。

しかし、実際はそういったことはなく、単純に育児のストレスをセックスで発散したいと考えるケースや、性欲を持て余しているシングルマザーもいます。

需要と供給のギャップが激しいからこそライバルが少なく、うまく見極めればセフレにするチャンスが広がるのです。

立場上、ストレスをためやすい女性も多いからこそ狙い目となっています。

独り身だからこそエッチに持ちこみやすい

パートナーのいる既婚女性よりも、独り身の女性の方がエッチに持ち込みやすいというメリットがあります。

シングルマザーの場合は男性からの需要が少なく、男性から見ると、その分ライバルが少ないです。

フリーの女性は、男性も自由に選べるため、どうしても男性を見る目も厳しくなってしまいます。

既婚女性でもセックスレスなどでセフレを求める人もいますが、関係を持つと法律関係でもめた時のリスクが大きくなります。

そういった点からも、シングルマザーのセフレは男性側からのデメリットが少ないのも魅力と言えます。

再婚や交際を望まないシングルマザーも珍しくない

シングルマザーの中には「結婚生活に嫌気がさしたから別れた」、「誰かに束縛されるのは嫌で別れた」というケースも珍しくありません。

結婚や同棲のメリットと性欲は別であり、再婚や交際など面倒な人間関係を嫌うシングルマザーも珍しくないのです。

自分の子供だけは可愛いと思っていたり、たまには自分のことを優先したいと考えていたり、子供に関する考え方も人それぞれです。

面倒を避けたいというシングルマザーを探せば、セフレ作りのハードルは大きく下がります。

割り切ったセックスができる

結婚や交際を考えていないシングルマザーを狙えば、割り切ったセックスだけに集中できます。

子供のこと、相手の人生は相手の自己責任と考えれば良く、都合の良い関係が作れるのです。

最初の前提を間違えるとトラブルになるものの、ハードルさえ超えればフリーの女性よりも気楽なケースすらあります。

そして、結婚生活でストレスをためやすい自由な性格をしているケースや、わがままな女性ほどセフレを求めやすいことに理解が必要です。

簡単に出会える

シングルマザーでセフレが欲しい人は、積極的に相手を探さなければ出会いのチャンスがなくなります。

出会い系やSNSなど、様々な場所で相手を求めているシングルマザーは珍しくなく、検索や募集などでも簡単に見つけられるケースも多いのです。

また、親のサポートを受けていたり、託児所など子供を預かってくれる場所を確保したりしているケース、手がかからない状態になっているからこそ時間の自由が利くシングルマザーもいます。

セフレにできるシングルマザー(シンママ)のパターン別見つけ方

保育園の近辺

保育園の近くに職場がある場合や、住んでいる場所が近い場合は保育園の近辺が候補に入ります。

地域の清掃などのボランティアや、帰宅の時間帯を合わせるなど、様々な理由をつけて保育園の前に行っても怪しまれないからです。

逆に、全く理由が無いのに保育園の前で女性に声をかけると、不審者として通報されるリスクが上がります。

近くに職場がある、住んでいる場所があるなど身元の保証があると信頼のハードルが下がるため、それだけ声をかけるチャンスを作りやすくなります。

歓楽街にある託児所

歓楽街にある託児所の前は、風俗関係など夜の仕事で子供を預けるシングルマザーも多くなります。

深夜まで子供を預かる託児所は特に狙い目で、性に奔放であるケースや、経済的に苦しいなどセフレにする理由も重なりやすいのです。

もちろん、接客関連など風俗関係とは別の仕事についている女性もいますが、社交的な女性であれば会話のチャンスも作りやすいというメリットがあります。

託児所の近場でどんな女性が子供を預けに来るかチェックして、声を変える相手を選ぶという方法もあります。

マッチングアプリ

直接のナンパはハードルが高いと感じる人におすすめなのが、マッチングアプリです。

セフレを求める女性も多く登録しているため、不審者として通報されるリスクも大幅に下げられます。

ただし、規約があるため直球でセフレを募集するのがNGなマッチングアプリも多いため、アプリの選び方や言葉の使い方、メッセージの送り方には気を付ける必要があります。

ストレス発散のためにマッチングアプリでセフレを探しているシングルマザーもいるため、割り切った関係を作るのにも使いやすいのです。

シングルマザー(シンママ)をセフレにする口説き方とコツ

母ではなく「女性」として扱うのが重要

シングルマザーは、普段は子育てや仕事など、常に「母親」としてのプレッシャーを感じていることが多いです。

そのため、シングルマザーをセフレにしたい場合は、「母親」であることを忘れさせて、一人の「女性」として扱うようにしましょう。

ストレートに口説き、プライベートな時間を尊重するだけで印象がプラスになることが多いです。

逆に、口説く男性側から子供の心配をするようだと現実に引き戻されてしまうケースもあるため、注意が必要です。

子供の心配をするのはセフレ作りの口説き方ではなく、再婚を目指す口説き方になります。

デートはプチリッチ&ロマンティックにする

シングルマザーの女性として扱われたいという願望は、デートの内容にも現れます。

コストパフォーマンス重視で大衆向けの居酒屋やカラオケなどをデートコースに選ぶと、失敗する理由になります。

大切に扱っているという態度を示すためにも、プチリッチかつ、ロマンティックに攻めた方がプラスになるのです。

もちろん、女性側から要望があればデートコースを大衆向けにするのも問題はありませんが、食事内容を少し豪華にするなど、女性を立てるデートが出来るかが重要になります。

プレゼント攻撃も効果絶大

プレゼント攻撃は女性に効果絶大で、ちょっとしたものでも印象がプラスになります。

大切なのは、相手の好みなどを聞きながらプレゼントを選ぶことです。

失敗例でいえば、デート前に突然花束を渡したりするようだと、どう持ち歩くのかといった問題も考える必要があります。

ロマンティックだけを考えて、その後のことも考えないと好感度が下がってしまいます。

相手の金銭感覚や必要なものや好みが分かってきてから、ちょっとしたプレゼント攻撃を始めると失敗を減らせます。

デート代は基本男性が全額負担

デートの代金は男性が負担した方が好印象で、特に女性扱いされたいシングルマザーには効果絶大です。

割り勘などにすればケチな男性と思われる他、シンママは子育てをする関係上、経済的に余裕がない女性が多いことも意識する必要があります。

面倒なことやストレスを減らした方が相手をセフレにしやすく、距離を縮めやすくなります。

相手がどうしても払う言う場合も一度は財布取り出したり、「次の場所では自分が払う」など交換条件を付けたり出来るとより好印象です。

愚痴の聞き手になる

シングルマザーはストレスをため込んでいる場合が多く、愚痴を聞く相手を探している場合があります。

また、自然と愚痴が漏れてしまうケースもあるため、否定せずに聞き手になることも大切です。

愚痴に対する解決策を提示したり、誤りを指摘したりすると逆効果になることが多いため注意が必要です。

ただ話を聞いてもらうことがストレスの解消になるという女性は多いため、相槌を打っているだけで相手が気を許すようになってくれることも多くなります。

急なキャンセルでも理解を示す

シングルマザーは急な仕事や、子供の病気などの関係でデートがキャンセルになる場合も珍しくありません。

経済的に厳しい立場なので、時間的な余裕があまりない場合が多いからこそ、女性の急なキャンセルに理解を示すことが大切です。

深く理由を聞いたりせずに、落ち着いたら連絡を再開するつもりで受け入れた方が好印象になります。

中には自分に都合を合わせてくれる男性か試すつもりで話題を振ってくる女性もいるため、基本的に受け入れ、要求がエスカレートする場合は別なセフレを探した方が楽になります。

短時間で予定を済ませて解散する

シンママは常に時間に追われていることもあり、あまり長時間のデートが出来ない人もいます。

短時間で予定を済ませることも重要で、あまり長引かせると子供の心配をし始めるなど、関係の悪化に繫がる場合があります。

親や託児所に子供が預けるにせよ、学校に行っている間のデートにせよ、時間制限はつきものです。

相手の予定や都合に合わせ、予定は短めにまとめ、関係が深まってから長時間の予定を組むようにするなど下限をすることが大切です。

セフレ化しやすいシングルマザー(シンママ)の特徴

見た目が派手で夜遊び好き

若いうちにシンママになってしまうと、ストレスの反動が見た目の派手さや夜遊びなどの癖に出がちです。

収入を補うために夜の仕事に就くなど、働き方に現れる場合もあります。

見た目の派手さや夜遊びの癖は寂しさを埋めたい、自分を認めて欲しいという心理から来ることもあり、口説いて落とすハードルなども下がります。

深く物事を考えない女性の方がセフレにしやすいという面もあるため、積極的に狙いたいポイントです。

親のサポートがあるシンママ

親のサポートがあるシンママは時間や経済面での融通が利きやすく、それだけ自分勝手に、わがままになることが多くなります。

ストレスの解消方法がセックスになるケースもあり、セフレとして有望です。

結婚しても親との関係がうまくいかなくて離婚した場合や、経済的に余裕があるから結婚しなかった、相手に責任を求めなかったシンママなどもいます。

特に自分の時間の融通が利きづらい場合、親のサポートがあるシンママの方がセフレに向いています。

子どもがあまり手のかからない年齢

子どもが小さく託児所や親のサポートがないシンママと、学校に行くなど手のかからない年齢まで育っているシンママではセフレ化のハードルが大きく変わります。

安定して会えるかどうかにも影響があり、手のかかる年齢の子どもがいるとドタキャンなども増えてしまいがちです。

常に育児に追われることがなくなり、一人の時間が増えることで「寂しい」と感じるシンママがいるのもポイントになります。

年齢ある程度重ねると女性扱いされることが減るため、しっかりと女性扱いすれば口説くハードルも下がります。

シングルマザー(シンママ)をセフレにするときの注意点

再婚の意思がないことを必ず確認する

再婚の意思があるかないかで、付き合ったりセックスをしたりする重さが大きく変わってきます。

特にマッチングアプリを使う場合は注意が必要で、結婚相手を真面目に探すような媒体で相手を探すシンママほとんどが再婚を希望することになります。

より手軽に出会えることを優先するマッチングアプリを利用するなど、相手の探し方から考えることは重要です。

託児所の前などでナンパする場合も同様で、結婚生活自体に嫌悪感を持っている女性の方が面倒を減らせます。

うかつに子供に会わない

子どもとあってしまうと、子どもからシンママへの質問や、自分への情がわいてしまうなどトラブルの原因となります。

セフレという割り切った関係を目指すなら、子どもには会わないのが一番です。

自分の感情や行動はコントロール出来ても、子どもの感情はコントロールできないのでなおさらです。

再婚に興味はないと言いつつも、子供に積極的に会わせて外堀を埋めることで再婚を目指すシンママもいます。

セフレを作るのであれば女性の言うことを100%信用しないことも大切です。

シンママがエロい気分の時は必ず応じる

シンママに限らず、女性は気分が変わりやすいことに注意が必要です。

また、自分の思うとおりにならないと、すぐにキレて関係を解消されるケースもあるため、相手がその気になったらすぐ応じることが大切になります。

都合が良くセックスできる男性だと認識されれば、その後も必要に応じて体の関係を続けられる可能性が高くなるからです。

あまりに頻度が高く自分の身がもたない場合は別のセフレに乗り換えるなど、バランスをとるのがおすすめです。

セックス時の避妊は必須

シンママをセフレにする場合、セックス時の避妊は必須になります。

仮に妊娠してしまったときに、事が大きくなる可能性が高く、責任を取って結婚して欲しいといった話や、中絶費用の負担を求められる可能性があるからです。

トラブルに発展し、裁判などになればシンママをセフレにしていたことが表沙汰になる可能性すら出てきます。

他にもセフレを作っているシンママの場合は性病感染のリスクも高くなるため、避妊を兼ねてコンドーム付ける意識が大切です。

セックスにはお互いの同意が必要

シンママ相手の場合は、お互いに同意があることがより重要になります。

これはトラブルになった際にシンママは社会的な立場が弱いとみなされることが多く、男性側が不利な立場に立たされがちだからです。

女性がウソの証言などをした場合に同意があったと証明できるかはかなり重要で、その後の人生に大きく影響を与える可能性があります。

強引にセックスに持ち込むと揉めるリスクが高まってしまうため、事前の確認や、メールやメッセージのやり取りが残っているかは重要です。

シングルマザー(シンママ)をセフレにする方法についてのまとめ

シンママはしっかり相手を選べば、セフレとして非常に期待が持てる存在です。

闇雲に女性を口説いてセフレを目指すよりも、口説き方のポイントやセフレにしやすい相手の見極めのポイントがわかりやすく、メリットも大きいのです。

この記事を書いた人

目次