処女をセフレにするための方法と考え方。処女にアプローチするコツや見分け方。

処女をセフレにするための方法と考え方。処女にアプローチするコツや見分け方。

世の中には、セフレという関係を持ったことがある男女が多く存在しています。

その中で処女をセフレにした経験がある男性はどのくらいいるのでしょうか。

この記事では、処女をセフレにするメリット・処女に適したアプローチ方法・処女かどうかを見分ける質問の3つをわかりやすく解説しています。

セフレに興味がある男性・処女のセフレが欲しい男性・マッチングアプリを使ってセフレを作りたいと思っている男性は特に参考となる内容になっていますので、ぜひ最後まで読んでいただけたらと思います。

セフレが見つかるマッチングアプリ3選

Jメール

jメール

初回最大1000円相当ptプレゼント

セフレ関係を希望する女性利用者が多いサイト!18年の運営歴が出会いの実績がある証拠。

イククル

イククル

初回最大80ptプレゼント

1,500万人の利用者がいる老舗のマッチングアプリ。それだけ信頼性が高く、出会いがあるという証。

ラブ

ラブ

登録前に掲示板が見れるので、ママ活相手を確認できるのが魅力的。プロフィール見放題も嬉しい特徴。

セフレが探せるマッチングアプリおすすめ番付【2024年02月最新】
目次

処女をセフレするメリット

セックスに対して好奇心がある

初めてのセックスとなると、「どんな感じなんだろう?」というワクワク感と「やっと処女から卒業できる」という嬉しさがあります。

そのため処女はセックスに対して好奇心が旺盛の場合が多いです。

1回でもセックスの経験がある女の子は、セックスがどんな感じなのかを知っているため、相手に合わせた流れにすることができます。

しかし処女は何もかもが初めての経験であり、「こんな感じでいいの?」と都度聞いてくるなど初々しさを感じます。

何も知らないことで、手取り足取り教える男性側も、より興奮しやすい状況になるのも魅力・メリットの1つです。

男性の好みの性癖に合わせてもらえる

処女はセックスに対する知識がほぼないことで、男性からのお願いやその行為が「セックスでは当たり前」と思うため、男性好みの性癖に合わせてもらうことができます。

極端な話、セックスの経験がある女の子に「明るいところでフェラしている顔を見たい」とお願いした場合、「恥ずかしいから暗いところでならいいけど…」と言われるか、「フェラは好きじゃないからヤダ」と断られます。

その理由は、そのそもフェラという行為が好きではなかったり、口内射精をされたくないからです。

しかし処女はこうした知識が貧しいことで、「やってみる!」という選択肢を選びやすいのです。

セックスに対する知識が乏しければ乏しいほど、処女を自分好みの性癖に対応させることができます。

恥じらっている姿が見れる

これまで男性との交際経験があったとしても処女ということは、男性に自分の裸を見せたことがないと考えられます。

それにより、セックスの前・最中・後の全てで、恥じらいを感じている姿が見れるという魅力・メリットがあります。

男性にとって恥じらう女性の姿は興奮でしかないですよね。

セックスの経験がある女性は裸になることや見られることにそれほど恥じらいがないので、ある意味処女の女の子とのセックスはレアです。

「最初」を貰ったという優越感が得られる

なぜか男性は、どんなことでも女性の1番になりたがります。

その心理から、処女を奪うというのは優越感でしかないでしょう。

初めてのキス、初めてのハグ、初めて付き合った人など色々な最初はありますが、やはり処女を奪うことが最も優越感を感じやすいですよね。

処女を自分色に染められるというのもメリットです。

セフレ関係になりやすい

処女の女の子は、良い意味でセフレ関係に持ち込みやすいです。

なぜなら、セックスが初めてだったことで「セックスって楽しいかも」、「セックスをすると女子力が上がる気がする」、「大人になれた」などポジティブな思考になりやすいです。

また、処女を奪われたことで良い意味で男性に依存したり、セックスの気持ち良さを知ったことで「もう1回やりたい」、「また気持ち良くなりたい」という欲もでてきます。

こうしたことから処女とはセフレ関係になりやすく、また男性のセックスが上手ければ上手いほど1度に数回、短いスパンでのセックスにも期待できます。

性欲が強い男性にとって、処女とセフレ関係になるのは魅力とメリットしかないと言えます。

処女に適したセフレにするアプローチ方法は?

男性やセックスに対する不安感を拭ってあげる

処女の女の子は、これまでにセックスの経験がないことで強い不安を感じています。

例えば、「男性が近くに来たら避けちゃいそう…」、「私にセックスなんてできるかな?」、「私の体に魅力を感じる人なんているのかな…?」、「初めては痛いって聞くし、もし血が出ちゃったらどうしよう…」などです。

セックスの経験がないことで不安が募り、知識がないことで頭でっかちになっているケースが多いです。

こうしたことから、女の子の気持ちに寄り添い、セックスは怖いものではないということを優しく教えてあげるといいでしょう。

また、直接やメッセージ上であっても、「キレイな体しているね」、「女性らしい肌だね」などと褒めて自信を持たせてあげることも大切です。

リードしてあげる

10代で処女の場合、ただ単に交際に発展する機会がなかったり、セックスをするタイミングがなかったと考えられます。

「付き合う=セックス」という考えにならない女の子も中には居ますからね。

しかし年齢を重ねているのに処女の場合、人付き合いが苦手で、好きな人が居ても交際に発展できないパターンが多いです。

「セックスに興味はあるけれど、セックスをする環境がない」という状況だと言えるでしょう。

こうしたことから、年齢を重ねている処女には男性がリードする必要があります。

積極的にアプローチをしたり、会話が詰まらないようにスムーズなコミュニケーションをとることがポイントです。

恋愛マンガやドラマのベタな言動をする

処女歴が長ければ長いほど、男性に対する理想がどんどん上がっていきます。

また、交際経験がない女の子であればあるほど「こうしてほしい」、「ああしてほしい」という願望も強いです。

分かりやすく例えるなら、少女漫画に出てくる壁ドンや顎クイなどを自然に行っている男の子の言動を好む傾向があります。

そのため、処女の女の子にアプローチをする時は、恋愛マンガ、ドラマのようなベタな言動がおすすめです。

相手に合わせた会話をする

処女は、恋愛トークや下ネタが得意ではありません。

これまでに交際経験がなかったり、本気で恋愛をしたことがない場合、恋愛トークはできず、聞く専門になりがちです。

そしてセックスの経験がないことで、ちょっとした下ネタも苦手としているケースが多いです。

話にのることができないと分かると処女は静かにフェードアウトしてしまうので、その女の子に合わせた会話をするのがいいでしょう。

セックスをする・セフレにするのは少し先の話でもあるので、処女と仲良くなりたい場合は居心地の良い空間作りや楽しいと思われる会話をするのがポイントです。

優しく接する

交際経験がない・男慣れしていない・人付き合いが苦手な処女の女の子は、男性と関わる場でも男ウケを一切狙いません。

例えばパーカーにジーンズといったラフな格好であったり、すっぴんで食事に参加するなどです。

男ウケを狙っていないと言うより、どうしたらいいのか分からないというのが本音でしょうね。

こうした処女の女性は色々な部分で敏感だったりするので、ガツガツ行かず、「パーカー好きなの?」、「肌がすごくキレイだね!あまりメイクはしないの?」などと優しく接すると、心を開いてくれることが多いです。

ガツガツ行き過ぎると距離を取られてしまったり、男性が気付かない内に傷つけてしまっているなんてこともあるので、適度な距離感で優しく接することを心がけましょう。

処女かどうかを見分ける質問はある?

「どのくらい彼氏いないの?」

事前に彼氏がいないということが分かっている場合、「どのくらいの期間、彼氏いないの?」と質問をすれば、処女かどうかが分かりやすいです。

もし「今まで彼氏いたことないんだ…」と答えが返ってきたら、高確率で処女だと思っていいでしょう。

ただ、これまでに交際経験がない女の子であってもセックスの経験はあるケースもあります。

確実に処女を狙いたいのであれば、彼氏が居ない期間を聞いた後にそれとなく「もしかしてセックスの経験はないの?」と自然な流れで聞くことをおすすめします。

「女子高出身?」

女子高出身の女の子は、男性との出会いがほぼないため、処女かどうか以前に交際経験がない女の子が多いです。

そのため、「女子高出身?」と聞いてそうだった場合、女の子の年齢が若ければ若いほど処女の可能性が高いと思っていいでしょう。

30代以上には、「女子高出身?」、「どのくらい彼氏いないの?」という流れで聞くと処女かどうか探ることはできます。

ストレートにセックスの経験を聞きにくい時に調度良い質問ですし、相手を嫌な気持ちにさせない会話ができるのもおすすめな点です。

「童貞ってどう思う?」

いきなり「童貞ってどう思う?」という質問をするのは良くないですが、恋愛系の話が少しでも出た時に質問する分には問題ないでしょう。

こうした質問に対して「気にしないよ」、「考えたこともなかった」、「素敵だと思う」などとポジティブな返答なら処女の可能性が高いです。

なぜなら、女の子側もセックスの経験がない処女ということで童貞に対してネガティブな印象を持っていません。

また、処女ということをあまり恥ずかしく思っていない女の子は、この流れで「私処女なの」と自ら言ってくれることもあります。

セックスの経験が2回以上ある女の子は、「童貞に対しては何も思わないけど、どちらかといえば経験がある人の方がいいな」と、セックス経験がある男性を好む傾向があります。

【童貞でもセフレは作れる?】DT卒業後、即セフレが作れるおすすめマッチングアプリ

処女をセフレにする場合のまとめ

いかがでしたでしょうか。

処女の女の子を見分ける方法や、アプローチ方法などをよく知っていただけたかと思います。

経験豊富な女の子より、処女の女の子の方がセフレにするメリットはたくさんありますし、何といっても継続的なセフレ関係を作りやすいというのも魅力の1つです。

処女をセフレにしたいと思っている男性は、この機会に今回ご紹介した内容を参考に実践してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

目次