パディ(paddy)の口コミ評判を調査!パパ活のやり方やお手当相場の紹介

パディ(paddy)の口コミ評判を調査!パパ活のやり方やお手当相場の紹介

パディは理想の男性と出会えるマッチングアプリなのかを知りたいと思っていませんか。

100万ダウンロードを突破している人気アプリですが、信頼性について不安な人もいるでしょう。

この記事ではパディの口コミ情報を詳しく解説します。

パパ活アプリ・サイトおすすめ番付11選!女子向けランキング2024年02月版
目次

パディ(paddy)の運営会社の基本情報

パディは株式会社オスリー(運営責任者:石田寛季)によって運営されています。

東京都渋谷区に拠点がある法人の運営で、理想のパートナー探しのためのプラットフォームになるアプリを提供しています。

パディでは10,000組ものマッチングに毎日成功しているアプリで、iPhoneでもAndroidでも利用可能です。

パディは公的な許可を得て合法的に提供しているサービスなので、成人なら誰でも安心して利用できます。

パディ(paddy)の利用者の口コミ評判

良い口コミ評判

検索で細かく条件を絞り込めるのでパートナー探しに適しています。

女性は無料で利用することができるのでおすすめです。

マッチングが不要で気になった相手にメッセージを送れるので良いです。

悪い口コミ評判

サクラがいて詐欺被害に遭うことになってしまって後悔しています。

詐欺行為があって通報しても適切な対応を受けられませんでした。

使っていたら不愉快なユーザーに引っかかってしまいました。

パディは女性なら無料で検索機能も優れているので出会いやすいという口コミ評判があります。

ただ、サクラや不愉快なユーザーもいるため、相手を選んでメッセージを送ることが重要です。

マッチングを成立させなくても気軽に相手にメッセージを送れる点も評価が高く、出会えるマッチングアプリという定評があります。

パディ(paddy)をおすすめしたい女性

ハイクラス男性を探している

ハイクラスで若い男性と出会いたいと思っている女性にはパディがおすすめです。

ルックスが優れているだけでなく、懐も深くて付き合いやすい男性が見つかりやすいのがパディの特徴だからです。

他のマッチングアプリに比べて男性の年齢層がやや低めですが、職業を見ると経営者などのハイクラスの男性が多数いることがわかります。

彼氏として付き合いたい人からパパ探しをしている人まで幅広くハイクラス層を狙えるマッチングアプリです。

収入が高い男性に興味がある

お付き合いするなら年収が高い男性が良いと思っている女性にはパディがうってつけのアプリです。

パディに登録している男性の収入レンジは高いからです。

ハイクラス層が多いので当然とも言えますが、年収1,000万円以上のハイスペックな男性も大勢登録しています。

パディに高年収層の男性が多いのは、お金よりもサービスの質を重視している人が登録しているからです。

収入にこだわりを持っているならパディで探してみましょう。

出会いのチャンスを広げたい

パディではできるだけ多くの男性に出会ってチャンスを広げたい女性にも向いています。

パディは積極的な出会いを求めている男性が多いからです。

多くの男性と顔合わせをしながら、より良い男性との出会いを実現したいという願望がある人はパディがおすすめです。

パディにはレコメンド機能などの出会いを加速する機能やサービスがたくさんあります。

他のマッチングアプリでは出会いが少なかった人でもチャンスを拡大できます。

パディ(paddy)の特徴

マッチングの面倒が少ない

パディは一般的なマッチングアプリと違って、マッチングをする必要なくメッセージのやり取りを始められます。

通常は「いいね」を送って打診した後、「いいね」を送り返してもらわないとマッチングにならず、メッセージのやり取りができません。

パディではマッチングをする手間が一切かからないので、興味を持った男性に積極的にアプローチできます。

男性の方からもアプローチの機会が多くて出会いやすいマッチングアプリです。

高年収の男性がわかりやすい

稼いでいることにプライドを持っている男性に、出会いたいと思っている女性にはパディはぴったりです。

パディは高年収の男性がわかりやすいシステムが整っているからです。

年収証明を提出できるだけでなく、資産証明も提出できる仕組みになっています。

年収が高いという男性ももちろんですが、大きな資産形成をしてきた男性もターゲットにして探せるのがパディの魅力です。

リッチな男性を見分けるためのサービスが整備されています。

「質問付きいいね」の機能を使える

パディのユーザーから人気があるのが「質問付きいいね」です。

「質問付きいいね」は「いいね」を送ってアプローチするときに、最大で3つまで質問を出してチェックできます。

質問をしてお互いの出会いに対する考え方をマッチさせるのに効果的な機能です。

まずは「質問付きいいね」でアプローチしてお互いの目的が合っていることを確認してからメッセージを始めると効率的です。

ミスマッチを防ぐための機能として有効活用できます。

若い女性が活躍している

パディに登録する女性はユーザー年齢層について注意しましょう。

パディの特徴として女性の場合には20代がほとんどになっています。

特に20代前半の割合が高いので、男性も若い女性を求めているケースが多いマッチングアプリです。

20代後半や30代以上の女性でも出会えるチャンスはもちろんあります。

しかし、25歳以下の若い女性が多い中で競わなければならない点には留意して登録することが大切です。

「今日出会いたい」に応えてくれる

今すぐに会いたいと思ってマッチングアプリを探したり、寂しいときに今日出会える人を探したいと考えてお気に入りのマッチングアプリに登録したりする人もいます。

パディはその日のうちに出会えるサービスが整っていて、ユーザーも即日の出会いを求めていることが多いのが特徴です。

掲示板だけでなくカレンダー機能もあるので、その日に会いたいというニーズにも応えてくれます。

パディの機能を生かすと即日で出会えるようになります。

通報情報がわかるので不安が少ない

マッチングアプリを利用するときには相手が本当に大丈夫なのか、トラブルがないのかというのが不安になるでしょう。

初めての利用では特に心配になる点ですが、パディなら通報情報の履歴を確認できるので心配ありません。

詐欺行為や商用目的での利用などの項目で通報された場合にはクオリティチェックでわかります。

新しいユーザーは悪質でも通報されていない可能性もあるので、ずっと利用しているユーザーを選ぶと安心です。

AI搭載のレコメンドを使える

レコメンド機能が充実しているのはパディの特徴です。

出会いたいと思っていても、プロフィール検索をして相手を一人ずつ丁寧に比較検討するのは大変でしょう。

しかし、パディではAI搭載のレコメンド機能があるので、希望条件を設定したらおすすめを紹介してもらえます。

条件設定を変更すれば紹介される男性も変わります。

ちょっと違うと思ったときにも少し条件を変えるだけで、理想的な男性を次々に紹介してもらえるようになります。

シークレットモードが無料で安心して使える

パディではシークレットモードは無料で利用できます。

マッチングアプリを使うときには、友だちや知人に見つかりたいくないというのがもっともなことです。

パディのシークレットモードでは検索結果に出ないだけでなく、足跡も残らないので心配ありません。

Facebookで登録するとFacebookでつながっている友だちを除外することができるので、親しい人たちをまとめて外したいと思っている人にはおすすめの方法です。

アプリだけでなくブラウザでも使える

パディにはiOSアプリ、Androidアプリに加えてブラウザで利用できるバージョンもあります。

アプリはインストールすると便利に使えるので人気ですが、ブラウザ版はパソコンでもスマートフォンでも利用可能です。

アプリに比べてセキュリティ機能が優れているのが特徴で、ログインすれば端末によらず使用できます。

シークレットモードのブラウザでもログインして使えるので、セキュリティが気になる人はブラウザでパディを利用しましょう。

パディ(paddy)の安全性を検証

インターネット異性紹介事業として届出済み

パディは東京都渋谷区のインターネット異性紹介事業として届出を提出して受理されています。

登録番号は22-072556で、公的に運営が認められているマッチングアプリです。

違法な形での出会いを斡旋するサービスではないので安全性が高いと言えます。

現実的にはマッチングサービスには届出を出さずに運営しているケースもあります。

違法運営されているサービスによる被害に遭わないためにはパディのようなアプリを選ぶのがおすすめです。

監視体制の充実

パディではユーザーの安全性とサービスの信頼性を確保するために充実した監視体制を整えています。

24時間365日の体制でパディ内でのユーザー行動について監視をしています。

ユーザーに安心して利用してもらえるようにするために、有人監視をするだけでなく、AIを搭載した無人監視も同時に活用しています。

サクラなどによる被害を最小限にするための努力を常に続けているので、パディは安心して利用できるマッチングアプリです。

年齢確認や本人確認の徹底

パディはユーザーの確認について力を注いでいます。

登録時点では本人確認の必要はありませんが、ユーザー同士が出会う可能性があるときには年齢確認を実施して合法的なサービスを提供しています。

未成年同士をマッチングする行為は法的に認められていないからです。

また、電話番号認証による本人確認も実施しているため、虚偽の人物が登録していることはほとんどなく、安全性が高いマッチングサービスです。

通報に対する厳しい対応

パディでは違反行為をしたユーザーに対して強制退会を代表とする厳しい対応をしています。

利用規約で禁止事項を定めているので、ユーザーとしては違反を指摘されたらパディの意向に従わざるを得ません。

他人への迷惑行為をしたり、虚偽の本人確認書類で登録したりした人は強制退会にされます。

パディででは通報に対しても誠実な態度で調査を実施し、問題を起こしているユーザーは徹底して排除しているので安心して利用できるでしょう。

セキュリティ対策の第三者機関認定

パディではセキュリティ対策についてグローバル標準になっていてリスクが低くなっています。

第三者機関であるJAPHICマークを取得していて、セキュリティ対策についての認証を受けています。

一般社団法人JAPHICマーク認証機構によって、個人情報保護法に準拠した個人情報の保護措置ができていることが認められている証拠です。

JAPHIC認証があるのでパディに登録したのが原因で個人情報が漏えいするリスクは低いと判断できます。

パディ(paddy)の料金設定

パディの利用料金は女性の場合には無料です。

男性の場合に契約期間によって4つのプランがあります。

男性の有料会員の料金は1ヶ月プランでは10,800円、3ヶ月プランでは27,800円、6ヶ月プランでは48,800円、12ヶ月プランでは64,800円です。

長期契約をすると毎月の料金は最大で半額になります。

パディでは一般的なマッチングアプリに比べるとやや高めの料金プランになっています。

パディ(paddy)でパパ活をしたお手当の相場

パディでパパを見つけてパパ活をするときには他のマッチングアプリに比べて相場が少し高めです。

リッチな男性が集まっているアプリだからです。

初顔合わせでは3,000円~10,000円程度が相場ですが、食事やお茶だけでも5.000円~30,000円くらいのお手当をもらえます。

定期契約をすれば毎月数万円~10万円以上にもできるので、太パパを見つけて長く付き合っていきたいと思っている人におすすめです。

パディ(paddy)で理想のパパと出会う手順

STEP
パディに登録する

パディで出会うにはまず公式サイトまたは公式アプリから登録をしましょう。

「メールアドレスで始める」のが一般的ですが、Facebook連携を考えているなら「Facebookではじめる」を選ぶのも良い方法です。

その後、ニックネームなどの必要情報を登録していきます。

好みのスタイルや雰囲気などをリストから選択し、プロフィール画像を登録しましょう。

STEP
プロフィールを作成する

マッチングアプリではプロフィールの作成が重要です。

パディでもしっかりとプロフィールを作り込みましょう。

基本的な検索条件になる項目は入力することが必須です。

さらに、自己紹介でどのような出会いを求めているのかを示すと、マッチする男性とパディで出会えます。

STEP
検索で相手を探してメッセージでやり取りする

プロフィールができたら、パディの検索機能や掲示板機能を使って相手を探しましょう。

魅力的なプロフィールの相手を見つけられたら、「いいね」やメッセージを送ります。

メッセージを通して相手の良さを見極めましょう。

STEP
デートの約束をしてリアルで会う

パディでメッセージのやり取りをできる仲になって、理想の相手だというイメージを持ったらリアルでデートをしましょう。

相手からの誘いを待つのが女性の場合には常套手段です。

ただ、奥手の男性もいるので、魅力的な男性だと思ったら自分からデートをしたいという話を切り出してリアルでのお付き合いを始めましょう。

パディ(paddy)でのパパ活を成功させるポイント

男性への感謝を忘れない

パディでの出会いは巡り会いです。

自分が相手を見つけたか、相手が自分にメッセージを送ってくれたかによらず、相手に対する感謝の気持ちを持ちましょう。

メッセージのやり取りをする時点でお互いに気遣い合える関係を作り上げると、リアルでデートして付き合っていこうという気持ちが高まります。

出会えたことに対する一言の感謝は、リアルで会ったときにも重要です。

相手の印象を良くするテクニックとして覚えておきましょう。

報酬交渉を女性からしない

パディでパパ活をするときには、出会った男性からできるだけ大きな報酬をもらいたいと思うのがもっともなことです。

しかし、メッセージのやり取りをしている時点で報酬の話題を上げたり、報酬の金額について交渉したりすると出会いを失います。

まずは魅力的な女性として認めてもらうことが報酬を上げるためには欠かせません。

男性から気に入られてから報酬交渉を始めるという意識を持って、希望の収入を得られるようにしていきましょう。

相手を総合的に見る

パディにはハイクラスの男性がたくさんいます。

年収が高くて魅力的な男性や、資産が莫大で養ってもらえそうな男性が見つかることもよくあります。

ただ、パディで男性を探すときには年収や資産だけで決めないことが大切です。

高年収の男性だからといって、自分に合う性格の人だとは限りません。

今は稼げていても、数年後には稼げなくなる人もいます。

総合的に見て魅力に溢れている人を選んで、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

パディ(paddy)でパパ活する際の注意点

お互いの希望を擦り合わせる

パディで交際相手を探すときには希望の擦り合わせが必要です。

本気で恋愛をしたいというときには、お互いの気持ちをメッセージで確認しておいた方が良いでしょう。

パパ活のように割り切りの関係を考えるときには、お互いに希望している関係かどうかを確認することが重要です。

また、割り切りの関係では条件が合わないとトラブルになります。

お互いに希望している条件を示して、擦り合わせてからお付き合いを進めていきましょう。

過度なアピールは避ける

色恋営業をして相手を探そうと思う人もいるでしょう。

パディでは競合になる女性もたくさん登録しています。

競合の女性に負けないようにしたいと思うと、プロフィールやメッセージを通して過度なアピールをしようと考えがちです。

しかし、営業的なアピールを過度におこなうと、業者と思われてしまうリスクがあります。

パディの運営に見咎められたり、通報されてしまったりすることもあり得るので、営業色のある行動は避けることが重要です。

SNSで匂わせてトラブルを生まない

パディで出会えた人との関係についてTwitterやInstagramなどのSNSで匂わせる投稿をして失敗している人もいます。

出会えて喜びに満ちた関係ができていることをSNSで共有したいと思うのはもっともなことでしょう。

しかし、SNSに投稿した写真から相手との関係がバレてしまって大きなトラブルになるリスクがあります。

相手に了承を取っていない場合には、投稿を見つけられて関係謝絶になることもあるので注意しましょう。

パディ(paddy)でよくある質問

LGBTQでも登録可能ですか?

LGBTQの人もパディに登録できます。マッチングの目的に合うようにLGBTQとしての自分のプロフィールを正しく入力しましょう。

パディで使える年齢確認書類は何ですか?

パディでは運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証などを年齢確認の際に用いることができます。

パディの退会方法を教えてください。

有料会員の場合には個々のアプリでのサブスクリプションの継続を終了します。その後、アカウント画面の「お問い合わせ」から解約できます。

パディの支払い方法には何がありますか?

パディではアプリ内決済またはクレジットカードによる支払いが可能です。アプリ内決済ではApp Store、Google Playストアの支払い方法に準じます。

新規登録のときに必要書類はありますか?

登録時点では必要書類はありませんが、メールアドレスまたはFacebookのアカウントが必要です。

パディ(paddy)を利用するパパ活のまとめ

パディはハイクラスの男性と出会えるマッチングアプリです。

女性は無料で利用できるので、高年収の男性との出会いのチャンスを広げたいときにはパディがおすすめです。

パディは口コミで出会いやすいという評判もあるので積極的に活用してみましょう。

この記事を書いた人

目次