パパ活アプリ・サイトおすすめ番付11選!女子向けランキング2024年2月版

パパ活アプリ・サイトおすすめ番付11選!女子向けランキング

お金持ちの男性とパパ活したいと考えているなら、パパ活アプリ、サイトを利用すると効率的です。

ちゃんと出会えるパパ活アプリ、サイト探しでは、どのような点に注目したらいいのでしょうか。

※男性向け記事はこちら

目次

パパ活アプリ、サイトの探し方

パパ活専用のサービスを選ぶ

パパ活したいなら、パパ活専用のアプリやサイトを選ぶようにしましょう。

一般的なマッチングアプリ、サイトは、健全な出会い目的の利用者が多く、パパ活目的の利用者だと分かればアカウント停止される可能性があります。

しかし、パパ活専用のアプリやサイトであれば、運営側もある程度容認しているため、アカウント停止のリスクが低く、効率的に出会い探しをすることができます。

会員数が多い

会員数が少ないサービスは、登録している男性の数も少ないので出会いのチャンスも減ってしまいます。

パパ活アプリ、サイトで公開されている会員数を確認して、利用者が多いものを選びましょう。

また、SNSなどで口コミが多い、検索でよく見かける、人気ランキングで上位になっているなどのパパ活アプリ、サイトも人気が高く利用者数が多い可能性が高いです。

運営実績が長い

個人情報を登録して利用するサービスだと、トラブルに巻き込まれないか不安という方もいるでしょう。

運営実績が長いサービスなら、セキュリティにも力を入れている可能性が高いため、安心して利用しやすいです。

また、長く続けられているということは、それだけ利用者からの信頼、満足度も高く、マッチング実績もあると考えられます。

実績が豊富な業者は、サクラゼロ、かつ勧誘目的の業者も排除されやすい仕組みが整っているので、利用者が多い傾向が見られます。

年収証明があるかどうか

男性側のプロフィールに年収が記載されていても、嘘の申告をしている可能性もあります。

そこで年収証明書を提出しているかどうか確認できるサービスを選びましょう。

男性側が年収証明書を提出しているかわかるサービスなら、嘘の年収を申告している男性を避けて相手を探せます。

中には年収証明だけではなく、資産証明も用意されているサービスも存在しています。

お金持ちの男性を効率よく探したいなら、年収証明や資産証明の機能を活用しましょう。

パパ活でおすすめのマッチングアプリ

シュガーダディ(SugarDaddy)

成功した男性とのワンランク上の上質な出会いを提供しているのが、シュガーダディ(SugarDaddy)の特徴です。

男性会員の約半数は、会社経営もしくは会社役員で、医師や弁護士などのハイスペックな男性も登録しています。

年収証明も提出済みの男性が多いことに加えて、セキュリティ体制を強化している安全性の高いアプリです。

また3ヵ月先までスケジュールで都合が良い日と会いたい地域を選択し、自動でマッチングできる仕組みも用意されています。

シュガーダディでパパ活する方法

Love&(ラブアン)

マッチングサービスにおいて、Love&(ラブアン)は3部門で1位になった実績があるアプリです。

またオンライン上で顔合わせができる機能もあるため、最初はオンライン上で顔合わせをして、相性が良い相手だと思ったら実際に会ってみるといった形で段階を踏んで距離を縮めていくことが可能です。

また女性はプロフィールに写真を掲載するだけではなく、動画を載せることもできます。

動画を通して男性にアピールできるので、ミスマッチが起こりにくくなっています。

ラブアンでパパ活する方法

paters(ペイターズ)

paters(ペイターズ)は、会員数が200万人を突破し、多くもメディアからも取材を受けた実績があるアプリです。

高収入の男性の登録者数も多く、経営者や役員の方も多く利用しているサービスです。

自分が会いたい日に絞って募集できる機能が用意されている他、急に予定が空いた場合、今すぐに出会える相手を探せる機能もあります。

またプライベートモードも用意されているので、知人にバレずにお金持ちの男性と知り合いたいという方も安心して利用できます。

ペイターズでパパ活する方法

paddy(パディ)

累計100万回ダウンロード、毎日10,000組のペアが生まれているサービスがpaddy(パディ)です。

通常はマッチングしてから相手にメッセージを送れるようになりますが、paddyでは、マッチングせず気になった相手に直接メッセージが送れます。

そのため、すぐに相手を見つけたいという方に適したサービスです。

また匿名で利用可能、24時間365日の監視体制、個人情報保護の強化など安全に利用できる仕組みも用意されています。

パディでパパ活する方法

ユニバース倶楽部

全国展開の交際クラブであるユニバース倶楽部は、面接と審査を通過した男女のみが登録できるサービスです。

審査を通過した男性のみが登録しているので、安心してサービスを利用できます。

コンシェルジュの方がサポートしてくれるので、慣れていない方でも相談しながら良質な出会いを探せます。

10年以上の運営実績があるサービスで、実績の中で培ったノウハウを活かして良質な出会いが見つかるようにさまざまな形でサポートをしてもらえます。

お手当が欲しい場合も、相場よりお手当が高い傾向があるサービスです。

Patrona(パトローナ)

Patrona(パトローナ)は2021年にサービスが開始した、比較的新しいアプリですが、リリースしてからの期間が短いため利用者が比較的少なく、ライバルも少ないといった特徴があげられます。

また男性とのミスマッチを防ぐために、検索条件を細かく設定できます。

年齢や職業、年収などに加えて、お付き合いタイプなどを指定することで価値観がある男性との出会いを見つけやすくなっています。

ほかにもマッチングメッセージ機能で、やり取りでは伝えにくいお願い事や事前に知っておいて欲しいことを伝えられます。

PJ(ピージェイ)

PJ(ピージェイ)は男性側の利用料金が相場より高めのサービスなので、比較的裕福な男性の利用者が多い傾向が見られます。

ハイスペックな男性の利用者が多いことに加えて、細かい条件を指定して理想の男性を探せる機能もあります。

さらに、安心して利用できるように、24時間365日体制の監視体制、業界標準のハイセキュリティなどの対策も行われています。

プライベートモードの利用で知り合いにバレる心配が少ないサービスです。

DROSY(ドロシー)

年収1,000万円以上のハイレベルな男性を探しているなら、DROSY(ドロシー)の利用を検討しましょう。

女性は24歳以下しか利用できませんが、年齢条件を満たす方であれば、成功した男性と特別な出会いを見つけられるチャンスがあります。

また電話番号認証が不要で、フリーメールアドレスのみで登録できる、アプリをダウンロードする必要がないため、スマホを見られても出会いを探していることがバレるリスクが低くなっています。

食事のみを希望する男性も多く利用しているサービスです。

Pappy(パピー)

2023年の4月にリリースされたPappy(パピー)ですが、開始からわずか1ヶ月で2万人を超えるユーザーが集まりました。

新しいサービスですが、実績のある運営元なので安心して利用できる可能性が高いです。

リリースされてから日が浅いため、ライバルが少ないうちに良質な男性との出会いを見つけられる可能性があるアプリです。

気になる男性との出会いに使えるカレンダー機能やプライベート機能、マッチングを待たずにメッセージを送れるなどの出会いを探しやすい仕組みが用意されています。

MITSUMITSU(ミツミツ)

全体の登録者数は他のサービスと比較すると少なめですが、登録者数が少ないためライバルが少なく、穴場のアプリとして利用することも可能です。

デートの希望日を気になる相手に送ってマッチングできる、完全匿名で利用できるため身バレ防止が可能などの特徴があげられます。

SNSと連携せずに利用できます。

40代~60代の男性利用者が多く、落ち着いた年代の男性と出会いたい、食事のみで付き合える相手を探しているといった方にも適したサービスです。

Peria(ペリア)

Peria(ペリア)は充実した検索機能が用意されているため、基本的なステータスに加えて、飲酒や喫煙の有無や出会うまでの希望などの条件を細かく指定して理想の相手を探せます。

またフリーワード検索や今日会える相手を見つけることも可能で、すぐに知り合いたいという方にも適しています。

さらに安心して利用できるように、ブロック設定やプライベートモード設定などの機能も用意されています。

2022年に開始されたばかりのサービスで、これからさらに利用者が増える可能性があるアプリです。

パパ活アプリ、サイトを使う流れを確認

STEP
サービスに登録してマッチングしよう

利用するアプリやサイトを決めたら、まずは登録しましょう。

登録したら検索機能などを使って、良さそうな相手を探し「いいね」を送ります。

「いいね」が相手から返ってきたら、マッチング成立でメッセージのやり取りが始められます。

利用するアプリやサイトの中には、マッチングしなくても気になる男性に対してメッセージが送れる場合もあります。

自己紹介文を見ながら、収入や趣味などを確認し、相性が良さそうなハイスペックな男性を探しましょう。

STEP
メッセージで距離を縮める

マッチングしたらすぐにデートをするのではなく、アプリやサイト上でメッセージのやり取りを通して距離を縮めてから会うという流れが一般的です。

最初は挨拶や自己紹介などの基本的なやり取りから始めましょう。

メッセージの段階でマナーが悪いと判断されると、相手からの連絡が途絶える可能性があります。

お金持ちの男性は人生経験豊富でマナーを重視することが多いので、相手に不快な思いをさせないように丁寧なメッセージを心がけることが大切です。

STEP
顔合わせは面接のようなもの

最初の顔合わせは、これからも継続して会ってもらえるかどうかを左右する面接のようなものだと考えましょう。

初めて会う第一印象で失敗してしまうと、顔合わせのみで関係が終了してしまう可能性もあります。

身だしなみやマナーに注意することが大切です。

そして顔合わせの場では、デートの内容や連絡の頻度、会う場所やお手当の金額など具体的な内容を決めることになります。

事前に希望する条件を整理し、相手と話し合いをしましょう。

STEP
報酬は先にもらうのが安全

顔合わせの段階で、報酬や交通費を受け取る約束なら、別れ際に受け取るのが一般的です。

初めて会う相手にすぐ報酬を渡すと、男性側は逃げられるのではないかと不安になります。

ですが2回目以降のデートでは、できる限り、先に報酬を受け取っておくのが安全です。

ある程度信頼できる間柄になったら、デート後に報酬を受け取る形でも安心して付き合いやすくなります。

お金に関するトラブルに巻き込まれることも多いので、報酬を渡すタイミングなども顔合わせの段階でしっかりと話し合っておきましょう。

STEP
定期的にデートを続けよう

顔合わせでお互いが条件に合意したら、定期的にデートをしていくことになります。

最初は2~3時間ほどの食事デートが多く、食事をしながら成功した男性との会話を楽しむ流れが一般的です。

普段は接する機会がない男性と会話ができる貴重なチャンスなので、さまざまな話を聞いて自分の人生に役立てましょう。

食事デートを何回か続けると、映画や買い物など別の内容のデートをする場合もあります。

買い物デートの場合、プレゼントを買ってもらえるかもしれません。

使うと危険なパパ活募集サービス

XなどのSNSに注意

無料で気軽に利用できることから、XなどのSNSを通じて相手を探したいという方もいるでしょう。

しかしSNSは本人確認がないため、未成年や業者との出会いの可能性も高く、トラブルに巻き込まれやすいので注意が必要です。

アプリやサイトに登録する場合でも、女性は無料で利用可能なケースが多くなっています。

安全かつ無料で利用可能だからこそ、良質な男性との出会いを探しているなら、できる限り信頼できるアプリやサイトを利用することが大切です。

掲示板は身元がわからない

無料で利用できる掲示板は多くありますが、掲示板に投稿している方は身元が不明なので、そのような書き込みに反応するのは避けましょう。

アプリやサイトに登録できるまともな方であれば、無料の掲示板を利用することはほとんどありません。

掲示板を使いたいなら、信頼できるアプリやサービスに登録して、そのサービス内で利用できる掲示板に投稿して相手を探すのも1つの手です。

トラブルに巻き込まれてからでは遅いので、巻き込まれないように危ないサービスは利用しないことが大切です。

本人確認や届出がないサービス

チャットアプリを利用して出会いを探すことも可能ですが、本人確認がないもしくは異性紹介事業の届出を出していないものは利用しないようにしましょう。

本人確認や異性紹介事業の届出がないチャットアプリは、課金のみを目的としていて、まともな出会いが見つからない可能性が高いです。

信頼できる場で出会いを探すためにも、本人確認や年齢確認があるサービスを選びましょう。

異性紹介事業の届出を出しているか、料金体系が明確か、しっかり明示してあるか、などの確認も欠かせません。

パパ活アプリ、サイトの利用で注意するべきポイント

個人情報は自分で管理する

セキュリティ対策が万全のパパ活アプリ、サイトを使っていても、自分自身で不必要な個人情報を書き込んでしまったら意味がありません。

信頼できる相手と判断できるまでは、本名や住所などの個人情報は相手に教えないようにしましょう。

悪質な相手に個人情報を教えてしまうと、その情報を悪用されてしまう可能性もあります。

パパ活アプリ、サイトを通じて出会うことで、最初の段階では本名などを教える必要はないため、トラブルを避けるためにも個人情報を教えないように自分自身で注意することが大切です。

相場以上の高すぎる報酬に注意

当然ですが、可能な限り、高いお手当を受け取りたいと考える女性は多いと思います。

しかし、パパから高すぎるお手当を提示された場合、体の関係を迫られるなど何らかのトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

お金持ちの男性であっても、相場より高すぎる報酬を渡すのは、ある程度の信頼関係を築いてからです。

そのため、まだ会ってもいない段階で相場より極端に高い報酬を提示された場合、「何か裏があるかも…」と警戒することも必要です。

最初は相場より低い金額であっても、信頼関係を築くことで報酬がアップするケースも見られます。

会うときは個室や密室は避ける

パパ活していることが知り合いにバレたくないという思いから、個室や密室など人目につかない場所で会いたいと考える方もいるでしょう。

特に、雑居ビルの個室店舗や路地裏の店に行こうとするなどのケースには注意が必要です。

他にも、必要のない場面で車移動を提案される、当日になって行先を変更しようとするなどの場合は、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

怪しいと感じたら、その場で解散してトラブルを避けることも必要です。

SNSで相手を晒すのはNG

お手当がもらえなかった、少なかった、という不満から、SNSにパパの素性などを晒してしまう女性もいます。

そうすると、相手側から訴えられるなどのトラブルに発展するリスクもあるため絶対に避けましょう。

パパ活で嫌なことがあっても、SNSに晒すのは自分が不利になる状況を作るだけです。

そのパパのことは忘れて、次に進む事だけを考えましょう。

既婚者パパとの付き合い方に注意

独身の相手だけではなく、既婚者男性とパパ活する場合もあるでしょう。

既婚者男性と身体の関係を持ってしまうと、相手のパートナーから慰謝料を請求されるかもしれません。

慰謝料を請求されるなどのトラブルを避けるためにも、最初にパパが既婚者かどうか確認することが大切です。

また体の関係がなくても、ホテルや個室などに行くと相手のパートナーから疑われるリスクもあります。

そのため既婚者パパの場合は、疑われやすい場所に行かないなどの工夫も必要です。

プロフィールに体の関係を求める内容を書かない

「体の関係あり」、「大人あり」でパパ活をすることで、お手当を多くもらいたいと考える方もいるでしょう。

しかし、パパ活アプリ、サイトのプロフィールでは、体の関係を示唆する具体的な内容を書くと、アカウント停止や強制退会になってしまう可能性もあります。

隠語を使う、そもそも書かない、といった対策が必要です。

パパ活アプリ、サイトのまとめ

パパ活したいのであれば、信頼できるアプリやサイトを選びましょう。

信頼できるパパ活アプリ、サイト以外を利用すると、ハイスペックな男性が見つからない、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。

おすすめのパパ活アプリ、サイト情報をチェックして、良い出会いを探すことが大切です。

この記事を書いた人

目次